読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女はみんな、悲劇のヒロイン

おしゃれなカフェで優雅な時間。

美味しいパスタにデザート。

紅茶飲みながらまったり読書。

あぁ、幸せや…(*´∀`*)

 

 

「私だけなんで毎回こんなめにあうわけ?」

 

 

隣の二人組のお姉さんの片方が、涙目でコーヒーカップを見つめながら呟いた。

 

 

 

知らん顔して、耳はダンボ(笑)

 

 

はやく!はやく、話の続きをして!(笑)

ほらほら、「他人の不幸は蜜の味」のゴシップ大好きな女が出てきたよ!(笑)

 

ダンボ情報(笑)によると、涙目のお姉さん(ショートボブ。以下ボブ)の彼氏が浮気をしたらしい。

何回目になるのかは、もうわからん…と。

もう一人のお姉さん(ロングストレート。以下ロング)は毛先の枝毛探しながら、つまらなそうに「だから別れろってずっと言ってるよね」

 

はい。バッサリいきましたな。

 

「だって彼が好きなんだもん…」

ボブがしくしくと泣き始めた。

ロングは冷たかった。

「なら、我慢しなよ。あんたの話聞くの、もう面倒臭い

 

ロング、苛ついてます。

眉間にシワ寄ってるし。

綺麗な顔が台無しやん…。

 

ボブがキッとロングの顔を睨んで、

「冷たい!私の話を聞いてよ!」

って語りだした。

 

 

はいはいはいはい!!

 

 

お立ち台だね。

この辺?この真ん中辺でいいですか?

 

 

悲劇のヒロイン専用お立ち台、設置(笑)

 

 

よじよじとお立ち台に登るボブ。

知らん顔のロング。

ワクワクして読書してるふりながら、耳はダンボの魔女。

 

お立ち台に昇るボブ、衣装替えしてます。

あの、ヒロインメイクのお姫様みたいな?

なんとか姫子。

髪の毛、クルクルカールの金髪の。

あぁ、魔女がうつ病になるまでにパワハラしてきたあのクソババァ、ヒロインメイクの絵柄で「やーん!!可愛い!!」ってハイテンションではしゃいでたよなぁ…(遠い目)

 

 

空中を見上げたボブにスポットライトが!!

 

 

皆様、ピン専用スポットライトです!!

四ヶ所くらいからバンバンとボブに浴びせられております!

 

いかに彼の事が好きか、運命的な出逢い系サイトでの出逢いから語りだしたボブ。

もううんざりした顔のロング。

 

 

……???

出逢い系サイト…???

なんか出逢いから雲行き怪しいと感じるのは私だけか??(笑)

 

 

ボブは語る。

運命的な出逢い。

待ち合わせ場所で初めて顔を見て、お互いに恋に落ちたと。

私と彼はロミオとジュリエット。 

でも、彼には本命の彼女がいた。

 

 

 

本命の彼女?(笑)

 

 

 

彼は言った。

本命の彼女より、お前に運命を感じる。

体の相性バッチリなのがそれを証明している。

付き合って欲しい。

 

 

ボブは泣き崩れた。

手にはレースの白いハンカチが握られている。

 

あぁ、運命の出逢い。

神様は意地悪。

でも、私と彼は出会ってしまった!

体の相性バッチリなのが、運命の証!!!

ピロートークで、彼は愛を囁いてくれる。

 

 

ボブ、ハンカチをぐっと噛み締めて、ハラハラと涙を流し始めた。

 

 

私待つわ。

いつまでも待つわ。

たとえあなたが振り向いてくれなくても…。

 

 

 

んん?

なんか女性デュオの歌の歌詞なのはなんで?

 

 

 

たとえあなたが振り向いてくれなくても…

 

 

 

これに彼からの答えがぎゅっと濃厚に凝縮されていると思うのは魔女が意地悪だから?

 

 

ロングはため息をついて一言。

 

 

「それ、世間一般的にセフレってやつだから。あんた、本命じゃなくてセフレ。浮気相手は彼女じゃなくてあんた。いい加減、目を覚ましたら?」

 

 

悲劇のヒロインのスポットライトはさらに眩しく輝き、眩しすぎて肉眼では目視出来ないまでに輝いている。

レフ板、あてすぎちゃいます?(笑)

あれよ、あれ。

皆既日食の時に使うメガネいるね!

肉眼、やられちゃうよ。

 

 

もうボブに、ロングの声は届かない。

何故ならボブは

 

 

孤高の悲劇のヒロイン

 

 

北島マヤもビックリなヒロインぶりに、月影先生から紅天女のスカウトが来るはず。

ライバルが突然増えるという、あゆみさんもビックリな展開。

紫のバラの人も、思わずバラの花束をを握りしめるよね。

マヤにガチで愛の告白するよね。

 

 

さようなら、ボブ。

あなたは立派な悲劇のヒロイン。

 

 

読んでいた本をパタンと閉じて、魔女は席を立った。

 

振り返ってみたけど、ボブに当たるライトが眩しすぎて、ボブの姿は欠片も見えなかった。

 

深くため息をついたロングに同情する。

うん。

悲劇のヒロインの相手するのって、めちゃくちゃ面倒臭いんよな(笑)

 

そして、後日、冷静になった時に、己の悲劇のヒロインぶりに、穴があったら全身スッポリと入りたいくらい激しく恥ずかしくて後悔するんだよな。

 

多分、恋愛相談する女は大半が悲劇のヒロインだと思う。

私もそうやったし(笑)

 

片思いの相談は、100%近いんちゃうかなと思うくらいに悲劇のヒロイン。

世界で一番可哀想な女の子。

それが悲劇のヒロイン。

 

 

そこから抜け出すのは自分しか出来ない。

何故なら、

 

悲劇のヒロインは、誰の話も耳に入らないから(笑)

 

 あなたも私も、悲劇のヒロイン候補生。

 

スポットライト、バンバン浴びてお肌干からびる前に、気付きましょう。

己の滑稽な姿に。

 

男性でもたまにはおるな。

悲劇のヒーロー。

やめて。ホンマに面倒臭い(笑)

「可哀想な俺」アピール、いらんねん。

毎晩毎晩、可哀想な俺を語る電話、ウザイ。

わざとスマホの充電しない。

話長いから(笑)

 

あなたも私も悲劇のヒロイン候補生。

そこの君たち、悲劇のヒーロー候補生。

 

指差してゲラゲラ笑われてるの、早く気付かなあかんで~(笑)