読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビールに貝ひもは最強の組み合わせだと思う。

皆様、こんばんは。

魔女です。

寒くてやる気にならない人の「やる気スイッチ」はどこにあるのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

魔女はお酒が飲めない。

飲めない、というか…飲めなくなった。

今では一滴も飲めない。

飲むとこっぱんが身体中に出るし、ゲロゲロ吐くし、皆様に迷惑をかけて大変なので泣く泣くやめたんや…orz 

 

飲めていた頃は、ザルとういうより輪っか。

アルコールなら何でもござれ。

女の子っぽい可愛らしいカクテルから、ビール、チューハイ、日本酒、焼酎、ウイスキー、ワイン…etc。

喉を焼くようなウォッカも好きだった。

一升瓶を抱えて潰しあい、酒豪と呼ばれる九州男児を潰して勝利するような女だ。

女としては完全に終わっていると思う。

おっさんの中のおっさん。

それが魔女だ。

 

ビールは生ビールしか飲まない。

発泡酒は、なにか物足りないんやもん…。

ワガママと言われようが、仕方ないやん。

日本酒は冷酒でキリッと辛口が好き。

焼酎は芋のロックか湯割り。

一番好きなのは梅酒のロック。

一緒に漬けた梅も食べれたら最高だ。

梅酒以外は、もうどうしようもないくらいに酒癖の悪そうなラインナップ。

焼酎の芋って(笑)

芋は飲みにくいという人も中にはいるのだが、魔女は好きだ。

無料で、壁にずらりと並ぶいろいろな焼酎の飲み比べをさせてくれて、焼酎の美味しさに目覚めさせてくれたとある小料理屋の美人ママのお陰だ。

魚料理も非常に美味しくて、本当に穴場で隠れ家的なお店で彼氏も私もお気に入りだったのだが、ある日行くと店仕舞いをしていた。

気前よく、魔女に無料で試飲をさせすぎたせいではないかと、いまだに密かに怯えている。

「よく見つけたな」と思うような場所にあったので、店仕舞いをしたのはお店が隠れ過ぎた場所にあったせいだと思いたい。

 

彼氏と期間限定で一緒に住んでいた頃、料理酒がなくてしばし悩んで、彼氏が「1日二杯まで」と決めて大切に飲んでいた貴重な芋焼酎を迷いなく料理にぶちこむようながさつな女だ。

その料理は残念な味に仕上がり、「素直に料理酒を買いに行くべきやったわ…」と思った事は彼にはいまだに内緒だ。

己の料理の腕前の未熟さを焼酎のせいにする最低さで争えば、ダントツ1位のはずだ。

 

 

が、魔女は自らすすんでアルコールを飲んでいたわけではない。

家では飲まない。

飲み会では、飲めるから飲む。

ソフトドリンクと同じ感覚。

甘いのが飲みたければ甘い系のアルコールに走り、焼酎は彼氏に合わせて。

他のアルコールも、一緒に飲む相手の飲むものに合わせていただけだ。

ちょっと小洒落た大人のフレンチのお店でワインやシャンパンも飲んだが、舌が貧乏性なのか美味しさがまったくわからなかった。

お友達の殿方が、サプライズでお誕生日会を仕込んでくれてて、友達とお呼ばれで行ったんやけど。

多分、お高いお店なんやとは思う。

スカイビューの貸し切りで、シェフご自慢の慎ましく繊細な、見目麗しい華やかなお料理。

 

慎ましく繊細で華やか。

 

もうな、それがフレンチなんやとわかっているんやけども、料理が腹にたまらない(笑)

時々運ばれてくるパンで腹をふくらませる。

あんな小さい肉を、さらにナイフとフォークで切って食べるの、面倒臭い。

ステーキやなくて、ローストビーフやん。

ザクッとフォークに刺して、一気に口に放り込みたい。

だが、繊細に盛り付けられ、綺麗な模様を描くソースは皿の中でアートと化している。

 

ソースつけたいけど、つけにくいわ…。

模様を崩したら叱られそうやん…(誰に叱られるねん)

 

こう、なんやろ、料理を縦に高く盛り付けるの、止めて欲しい。

何処から手をつけていいのかわからない。

シェフは、男側の二股交際で話題になった、何でもやたらと縦に高く高く盛り付ける、料理家の園山真枝絵かと真剣に聞きたい。

 

このオシャレすぎるフレンチにご招待下さった殿方は、とある会社の社長さんだ。

じゃんじゃんバリバリ、儲けている。

お歳暮にドンペリが贈られてくるような人だ。

ワインも嗜むし、シャンパンも嗜む。

フレンチなんて慣れっこだ。

社長さんを盗み見してお作法やナイフやフォークの確認をしながら、涼しい顔をして優雅に食事をすすめたが…何を食べたのか今でははっきりと記憶にないし、もう一度食べたいという気持ちもないから、まぁ魔女には合わなかったんやろ(笑)

デザートのクレープケーキのアイス乗せがやたら美味しかったのは覚えている。

 

やっぱり魔女は、こういう料理より、お箸で食べれる料理の方が好きだ。

 

お箸の国の人だもの。

 

ほくほくの甘辛い肉じゃかに、飲んだ後のしめのお雑炊やお茶漬けに幸せを感じる。

酒が飲めなくなった今も好きだ。

 

日本人なら米だろう!!!щ(゜▽゜щ)

 

酒が飲めなくなった今では、無糖の炭酸水片手にビーフジャーキーをかじる。

チータラ、美味しいよね。

魚肉ソーセージやホタテの貝ひもが好き。

おつまみ大好き。

 

ホタテの貝ひもは一時期ハマりすぎてアルバイトちゃんに、ビールに貝ひもの組み合わせがどれだけ最高で最強に美味しいかを延々と語っていたら、旅行のお土産が魔女だけ貝ひもだった事がある。

若いピチピチの可愛い女の子から、貝ひもいただきました!!

 

おっさんやなくて、可愛い女の子になりたい…orz 

 

飲めなくなっても、飲んでいるように見える女。

それが魔女。

ジョッキのウーロン茶を、ジョッキでウイスキーを飲んでいると勘違いされるようなとんでもない女だ。

ウイスキー、ジョッキで飲むてどんな女やねん(笑)

せめてハイボールにしてや(笑)

 

「魔女は女の子です」と真剣に思う。