読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酒と泪と男と女の職務質問

彼氏と一緒にいるときに、彼氏が警察に職務質問された事ある人は、恥ずかしがらずに手をあげてください!!

 

 

 

 

はいはいはいはい!!!

(もう両手あげてアピールするさ)

 

 

 

 

あれ?

魔女しかおらへんの!?

うそやん(笑)

 

 

 

 

 

あれは今のように寒い冬の夜やった…(遠い目)

仕事帰りに、過保護な彼氏が魔女の実家近くまで送ってくれた時のこと。

もう少しだけ一緒に居たいという彼氏の希望で、迷惑にならんところに車を停めて、彼氏の車の中で話をしてましたのさ。

 

なんの話をしてたんかなぁ。 

あぁ、桜の季節に旅行へ行きたいねとか、そんな話やわ、多分。

夜のパトロールをしているパトカーに「寒いのにご苦労様やなぁ」とかのんきなコメントしてたら、パトカー停めた警察官に助手席の窓をコンコンってノックされる。

 

んん?

ここ、路駐あかんとか、そういうのかな?

?マークいっぱいのまま、窓を開けたら、

「ごめんなさいねー。ドア、開けてもらえます?」

なんの疑いもなく、ドア開けるよね。

 

したら、婦警さんに「はいはい。ちょっとだけお姉さん、こっちきて離れようか」って車から降ろされる魔女。

「え!?」って振り返ったら、「お兄さん、ごめんね。ちょっと聞きたいことあるから、免許証ありますか?出してください」

 

 

 

 

ええええぇ…!!!?

あの人、なんか知らんけどめっちゃ疑われてるやん!?(笑)

 

 

 

 

彼氏の視界に入らんとこに連れていかれて、

「あの男性になんか変なことされてない?」

と真剣に聞かれる。

 

 

変なこと…変なこと…

 

 

「乳やー!」って乳はわしわし触られたけど…多分この婦警さんが聞いてるのはそういうのじゃないよな?(笑)

 

 

 

「あの…なんか誤解されてるみたいですが、あの人、私の彼氏です」

 

 

 

「え!!?彼氏!?」

 

 

 

はい。

彼氏、無事に解放(笑)

 

 

 

なんか、夜に車で徘徊して、女性を車に押し込んで、女性に痴漢する変質者が近隣に出てるねんて。

んで、車の特徴が彼氏の車と似ていたらしい。

 

 

あぁ、この人、変質者やと思われたんや…。

可哀想に…腹筋に力入れて、笑いを押し殺してそっと泪をぬぐう魔女。

「家帰ったら、もう酒のんで寝る!」とぷりぷり怒ってる彼氏。

この人、普段はニコニコして愛想いいくせに、一回機嫌損ねたら面倒臭いねん(笑)

ハグして、頭なでなでして「ホンマに失礼やなぁ。こんなに可愛い子が痴漢するわけないやんねぇ?」

 

 

「うん。当然やろ( ̄^ ̄)」

 

 

…とか言いながら乳をわしわし触るな!(笑)

しかも「可愛い子」否定せんのか(笑)

 

 

ちょっとだけ前の冬のお話。

のろけちゃいますよ(笑)