読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラスに300円貰った女。

皆様、こんにちは。

魔女です。

アイツが…ついにアイツがやって来たよ…。

呪われた、悪魔のようなアイツだよ…。

(ヒソヒソ声)

 

 

 

 

花粉。

 

 

 

もうね、めっちゃ飛んでる。

円広志もビックリなくらいに飛んでる。

 

 

飛んで 飛んで 飛んで 飛んで 飛んで~

まわって まわって まわって まわぁ~るぅぅう~(熱唱)

 

 

喉もイガイガするし鼻水は絶対に風邪からやと信じていたけど、裏切られた。

なんだろう、この切ない、梅干しばぁさんみたいな口になる酸っぱい気持ち。

甘酸っぱいではなく、酸っぱい。

「てへへ☆来ちゃった!(ハート)」みたいな気持ち。

レモン1000個分の、ビタミンCのど飴みたいな酸っぱさ。

1000個分て、なんやねん。

レモン1個分でいいやん。

なんで1000個分も凝縮すんねん。

レモン1個の中にいるビタミンC の気持ちを考えてみ?

悲しいやん…切ないやん…(`;ω;´)

どうせすぐおしっこで出るのにさ、1000個もいらへんやん。

…屁理屈こねて現実逃避しても、アイツが鼻水と目の痒みと耳の奥の痒みで現実に引き戻す。

鼻水のせいか、頭が重い。

嫌やん。ホンマに嫌やん。

まだ2月やで?

ちと早すぎやしませんかい?

本格的な春を迎える前に、花粉でダウンするわ。

花粉症の症状に「健康的に痩せる」とか、「仕事がサクサクはかどり過ぎて怖い」とかいう症状があれば、こんなに憂鬱な気持ちにはならないんやろな。

 

 

 

 

 

魔女は最近、カラスさんに300円を貰った。

あれは女の子のカラスさんやと思う。

綺麗な子やったわ。

 

「アタイに着いてきな!」と、スカートがロング丈のセーラー服着た昭和の不良少女みたいにアゴでクイッとされて。

最初は無視してたんやけど、やけにカァカァ鳴くから着いていったんや。

もうね、明らかに魔女を見てる。

「お前や、お前」って。

魔女、ご指名よ(笑)

 

時々、振り返ってはちゃんと着いてきてるか確認して、アゴをクイッってするねん。

へいへい。

ちゃんと着いていきますぜ!

誰も居ない場所。

道路の片隅。

 

 

 

カラスさんの足元の道に、キラーンと光輝く物がある。

 

 

300円。

 

 

何回見ても300円。

 

 

カラスさん、再びアゴをクイッ。

「お前にやるよ。遠慮せずに持って行きな」

 

 

 

え?魔女にくれるの?

嘘やん(笑)

いやいやいや、嘘やろ。

 

 

 

( ゚ε゚;)ゴクリ…

わからないときは本人に聞くのが一番。

 

 

 

「く、くれるの?」

 

 

カラスさん、アゴをクイッ。

「持って行きな」

 

 

 

マジっすか!!!!(゜ロ゜ノ)ノ

 

 

「宝物やないの?」

カラスさん、再びアゴをクイッ。

「持って行きな。お前にやるよ、アタイの宝物」

 

 

そ、そうか…魔女に宝物くれるんや…。

 

 

恐る恐る魔女が300円を拾うのを見届けると、カラスさんは飛び去って行った。

 

 

 

カラスさんから300円を頂戴しました。

もうね、これ、ホンマにガチやねん。

頭おかしい人にしか思えへんけど、ホンマやねん。

ホンマやと訴えれば訴えるだけ、嘘臭くなるんやけども…(笑)

 

 

カラスさん、頭いいからなぁ。

なんで魔女にくれたんかわからへんけど(笑)

いただいた300円でジュース買いました。

 

カラスの姐さん、ゴチです!

カラスさんを見かけたら、話しかけてみるといいです。

魔女を知ってますか?って。

多分、答えてくれますよ。

 

「カァカァ!! (カラス語の訳:知ってるでー。あのマヌケな魔女やろ!!!(((*≧艸≦)ププッ)」って(笑)

 

カラスさん、またよろしく~(笑)