読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おっさん達が元気ハツラツな謎。

つるつるボーボー記事にお星様を下さった、素敵な方…ありがとうございます( *´艸`)

女子と無駄毛は永遠のテーマです…。

 

 

 

 

魔女は、なぜかおっさんに好かれるらしい。

彼氏がおっさんかどうか聞かれたら、魔女がBBAなんやから、6歳上なら彼氏は間違いなくおっさんの部類だ。

 

 

 

彼氏以外のおっさんも、ただのおっさんではない。

何故だか、世間的に言うところの「偉い立場の人」が多い。

会社社長とか。(美人な秘書つき)

結構、上の方の人とか。

年齢的なものもあるのかもしれない。

 

仕事関係の人もいるが、自己の為に自腹で行った勉強会とかで繋がりが出来ているので、偉い人だが、かなりフレンドリーな関係だ。

酒の席で、ブラホックを突然外されるというセクハラまがいな事も普通にある。

おっさん的には、「服の上からも外せるぜ!」という、酔っぱらいの子供じみた自己主張なので魔女は全然気にしない。

筆下ろしから今までの女遊び遍歴、今現在の愛人との別れ方の相談、最近元気の無くなった自慢の息子の相談まで個人的にされているので、もうなんか年の離れた近所のお兄さん的な存在だ。

見た目はおっさん、中身は子供…というか少年。

仕事のストレスなのか、おっさんは甘えん坊が多い。

 

だが、いくら酒の席であろうとも、彼氏以外の殿方に与える膝枕は用意していないので、丁重にお断りする。

 

その分、他の面でカバーする。

 

楽しすぎてハメを外したおっさんは、たまに飲みすぎてゲロを吐く。

 

滝のように。

 

突然のゲロに、固まってドン引きする空気の中、魔女はゲロの始末をして、おっさんをトイレに引きずっていく。

ドナドナのように。

 

 

大量に水を飲ませた後に、声も高らかに宣言をする。

 

 

「いきまっせー!!」

 

 

便器にしがみついて、ベロベロのおっさんの顎を掴み、喉奥に指を突っ込む。

 

 

 

 

ゲロ、ゲロ、ゲロ、くわっ、くわっ、くわっ。(擬音)

 

 

 

おっさんが吐いてる間に、汚した大量のおしぼりもちゃんと洗う。

洗面台も綺麗に掃除する。

 

 

 

また水を飲ませて指を突っ込む。

 

 

 

多分、これはあまりよろしくない処置方法やと思うので、真似はしないで下さい。

タクシーの中で吐かれたらその迷惑さは半端ないので、トイレのある場所で吐けるだけ吐かせる緊急時の応急処置。

 

 

そして、タクシーにおっさんを放り込んで、拝むのだ。

 

「あんだけ吐かせたんやから、途中で吐きませんように…」

 

 

走り去るタクシーに手を会わせて拝む。

 

 

あぁ、おっさんが佐々木蔵之介さん」やったらご自宅までタクシーのお供するんやけどなぁ(笑)

 

 

 

後日、おっさんから大失態をおかした謝罪の電話と、息子が元気になった報告を受けるのだ。

 

 

 

謝罪はいいけど、後半の報告はいらねぇ…。

 

世の中のおっさん達は、今日も元気ハツラツ。

なんであんなに無駄に元気なのか、謎である。