読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔除けのダーリン。

皆様、こんにちは。

魔女です。

万年筆デビューをしました。

欲しい万年筆はあるんやけども、まずは万年筆で文字を書くことに慣れようと、なんかの雑誌の付録についていた万年筆を使い始めました。

ちょっと背筋が伸びる感じ?(それは普段から猫背やからやろ…)

ボールペンとは違う書き心が、なかなか良いです。

 

 

 

 

 

 

 

魔女の彼氏は、日々の観察の結果、どうやら霊感(?)的なものがあるらしい。

本人は語りたがらないが、何やら感じ取っているようだ。

彼も魔女も初めて行く場所でも、彼が「そっちは行ったらあかんで」と言う場所には、ひっそりと無縁仏のお墓や、水子供養のお墓があったりする。

 

 

 

ひょえぇぇ…!!!((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

 

 

 

 

彼の魔除け(?)の威力は、いろいろな方面で発揮される。

かなりの高確率だ。

ピンポイントでくる。

出張で彼のお迎えがない日に、羽をのばしまくって仕事帰りに夜の街に繰り出して、友達と二件三件とはしごして、友達がしっかりと電車に乗るのを見届けてから「さぁ、帰るべ」とタクシー乗り場に行ったら、居るよね、彼が。

 

仁王立ちして。

 

あ、魔女はアルコールは飲みません。

雰囲気に飲まれるの(笑)

 

 

タクシー乗り場のそばに、出張で今日はいないはずの彼がいる。

背中から変なオーラが出ている。

漫画みたいな。

ドラゴンボールみたいな。

おぉ!!あれが噂のスーパーサイヤ人!!

 

 

ま、まぶしい…!!!

 

 

あれ?魔女、アルコール飲んでないのになんやの?

ウーロン茶しか飲んでないのに、実はあれ、ウーロンハイやったの??

 

いやいや「今日は泊まりやから、帰れへん」言うてたやん。

 

 

 

 

 

幻~!!!(IKKOさん風)

 

 

 

 

 

あ、そっかそっか。

幻なら仕方ないな!(笑)

知らん顔して素通りしようとしたら、やっぱり彼やん。

顔、めっちゃ怒ってるし。

なんでやねん。

 

「俺に黙って飲みに行くなんか、300万光年早いわ」

ベシッ!!!(めっちゃ強烈なデコピン)

 

300万光年ってなんやねん。

つか、額が割れるわ。

デコピンやなくて、デコポン…は柑橘類やな。

なんやろ。

 

 

デコ☆クラッシャー(ダサい)

 

 

嫌な予感がして、泊まりをキャンセルして仕事を巻きに巻いて帰って来たらしい。

いやいや、仕事巻きすぎやろ。

なんかいろいろ、すっ飛ばしてるやろ。

飲み会とか、絶対ブッチしてるやろ。

 

「俺はそんな失礼な事はせぇへん!」

 

あー…オービスを避けながら、高速道路ぶっ飛ばして帰って来たのね…orz 

 

魔女の彼氏は、魔女を乗せていない時は運転がめちゃくちゃらしい。

皆「本気で死ぬかと思った…」と口を揃えて言うのだ。

細い裏道でもガンガン飛ばして、恐怖のどん底に突き落とすのだ。

遊園地のアトラクションより怖いと評判だ。

「送ってくれよぅ!!」と言われるのがうっとおしいから、とことんまで恐怖のどん底に突き落とす。

それが俺様流。(アナザースカイ風味)

 

この数日後、厄年でもないのに厄払いに連れて行かれ、お祓い中に彼がグルグルしだした。

顔が真っ青。

カタカタ震えている。

 

え、なんやの?

これ、ガチでヤバイやつ!?

 

オロオロする魔女に、お祓いの人(?)が「大丈夫ですから」とジェスチャーしてきて、彼の肩をパシーンとあの叩くやつで叩いたら止まった。

 

 

 

嘘やん…。なんか変なもの連れてたの??(`;ω;´)

妖怪電波あるんと違う??

 

 

 

これが魔女のダーリン。

魔除けよ、魔除け。

魔女の使い魔だわ!

あっはっは!!(((*≧艸≦)ププッ

 

 

今日はバレンタインですな。

モジモジしながら、彼にチョコレートを渡した過去が懐かしゅうて懐かしゅうて…(笑)

世の女子の皆様、頑張れ(´p・ω・q`)♪