読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

焼きそばUFOに肉を発見したと言う母の話。

皆様、こんばんは。

魔女です。

さ…寒い…。

腹回りについた分厚い肉腹巻きでは、寒さをしのげないらしい。

 

 

 

 

 

魔女の母は結構な具合に天然ボケの人だ。

どれくらいの天然さんかというと、風邪で高熱を出し咳き込んで苦しむ魔女に「晩御飯は食べやすい麺類にしたよ」と、熱々な鍋焼き激辛ラーメンを出すような人だ。

風邪の時に食べやすい麺類って、うどんしか思い付かない魔女は視野が狭いのか…と思いながら食べたけど、咳で傷んだ喉に激辛ラーメンはかなり刺激的。

さすがのオトンも「風邪の時に激辛ラーメンはないやろ…」と呟いたくらいだ。

あなた様が選んだ伴侶だよ?(笑)

優しさの向かう方向が、人様よりもちょっとばかしズレているのが魔女のオカンだ。

 

 

何年か前に魔女の家は、リフォームというやつをした。

水回りを全部したのだが、リフォーム前に部屋を空っぽにするために、オカンは毎日せっせとお片付け。

難関はキッチン。

乾物や缶詰めといった、保存期間も比較的長いものが保管してある場所から、ひょっこりと焼きそばUFOが出てきた。

ちょうどお腹が空いていたオカンは大喜びで、お湯を湧かした。

ベリッと蓋を開け、いつもの手順で作り始めてオカンは気付いた。

 

お肉が入ってるやないの…!!!( *´艸)

 

オカン、さらにテンションが上がる。

ワクワクしながら出来上がるのを待つ。

 

UFOって、いつからお肉が入るようになったんやろ?

CMしてないし、秘密のお肉なんやろか?

これ、皆に自慢せなあかんやつやん!!

オカンはそれはそれはもう、いろいろ考えたらしい。

この驚きと喜びをどう伝えるか。

 

早く食べたい気持ちを押さえながら、お湯を捨てて、ソースをかけて、ふりかけをかけて…。

まぜまぜしたら…

 

 

 

 

いざ!食すべし!!!

 

 

 

 

……………(  -_・)?

なんやろう。

このお肉がお肉じゃない歯ごたえ。

ソースもなんだか変なニオイな気がする。

なんでだろう…。

 

なんでだろう~、なんでだろう~、なんでだなんでだろう~(オカンの頭の中で赤と青のジャージの人が歌って踊っている)

 

半分くらいまでようやく食べて、オカンはギブアップした。

もう無理。

食べれない!

なんでソースの味を変えたの!?

いつ変えたの!!?

 

しばらく考えて、オカンは( ゚д゚)ハッ!!とした。

ガサガサとゴミ箱の中を漁って、賞味期限を確認。

 

 

 

2000年。

 

 

 

もう一度よく見ます。

 

 

 

 

 

2000年。

 

 

 

 

 

あらやだ!

10年以上前のやわ~。

じゃあ、あのお肉は何やの??

 

 

 

 

 

 

変色したキャベツ。

 

 

 

 

 

魔女のオカンはこういう人だ。

今、ストックの引き出しに入っている袋のインスタントラーメンも期限は3年前に切れている。

調味料の類いも、かなり怪しいものがある。

冷蔵庫の中に鎮座しているポン酢は、なんと衝撃的な5年前のものが普通に使われている。

ラベルが変色しているからおかしいと思ったら、これだ。

老眼でも気付くやろ、これ。

 

台所はオカンの聖域なので、基本的に魔女は手出ししない。

食べる前にこっそり、期限の確認を怠らないようにするだけだ。

オトンは期限切れと賞味期限切れのものを嫌うので、平和な家庭のために魔女は黙っている。

人間、知らない方が幸せな事っていっぱいあるやん?

老眼って便利やな(笑)

 

こうやって、幼い頃から胃袋を鍛えられてきたんやな…と思うと非常に感慨深いものがある。

 

…そんなわけないわ!!(笑)

 

魔女のため込みグセは、オカンから譲り受けたもので間違いないだろう。

遺伝って、怖いわ!!(笑)