読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

傷だらけのローラと、増えた借金総額おいくら万円??

皆様、こんばんは。

魔女です。

なんだか俄然やる気になって、興味のあるいろんな分野の本をバリバリ読んでいます。

知識が増えるって、楽しい~!!( *´艸`)

 

 

 

 

そんな魔女、ふと思い立って借金総額をきちんと計算してみた。

ザクッとした数字は把握してはいたんやけども、現実逃避をするあまり、少しばかり適当過ぎたのできちんと計算してみた。

 

騙されてた分だけで軽く、ピー(皆様の心臓の為に自主規制)00万超え。

わかっていたけど、やっぱりか…と、びっくりしたね(笑)←全然笑えません

万の前にある0の数で何となく察して欲しい。

 

これに車のローンが乗っかる。

頭金払って、ボーナス月はドーンと支払う残定型ローンを組んでいる。

そもそも、今乗っている車のローンも買い換えは本当ならまだ6年先になるはずやった。

前の車の時に当て逃げされて、左側だけ傷だらけで塗装も剥げて錆びたら最悪やからとディーラーに持ち込んだら、ドアのネジが錆びていた。

左側のドアの前も後ろも。

野外に放置していたわけではない。

屋根のある車庫に入れていた。

なんで左側だけ錆びるねん…orz 

相合い傘で、彼女が濡れないように彼女側に傘を差し出すあまり、片方の肩がびちょびちょに濡れた男のようだ(わかりにくい例えやな)

 

思い当たる事は一個だけある。

ずっと通院していた不妊治療専門の病院で「あなたの子宮と卵巣では、もう妊娠出来ません」と残酷な事をサラッと言われた日に、かなり動揺して泣きながら病院の駐車場を出ようとした時に、目測を誤ってポールに突っ込んだ。

 

 

 

ガリガリガリガリガリガリ

 

 

すんごい音がした。

 

左側のドアの真ん中を、前も後ろも鉄のポールの出っ張りで切り裂いたように真っ二つ。

 

真っ二つだから、もうどうにもならないと言われて、ドア交換した。

前も後ろも。

 

その約半年後の事だ。

ドアのネジの錆びが発覚。

 

どう考えてもドア交換のせいでどっかから水が入るようになって錆びたんやろ…。

変な隙間があったとしか思えない。

このままではどんどん錆びて、買い換え予定の6年先には下取り査定金額がだだ下がりになり果てしなくゼロになる。

今ならこんなに可哀想なくらいに、左側だけ泥除けのカバーも割れるくらいに傷だらけのローラ状態で、ドアのネジが錆びていても下取り80万。

放置したら錆びて腐って、ドアが突然もげるかもしれない。

錆びているものはもうどうにもならないし、ドア交換をまたしたとしても、本体そのものにも錆がきている。

営業さんの口車かもしれないが、魔女は決心した。

 

 

そんな怖い車は嫌や!買い換える!!

 

 

「錆びたのはそっちのせいやろ!」とゴネるのも大人げなくてあれやし、交換の原因作ったのは自分やし。

車を買い換えて、順調に支払いをしていた矢先の想定外の巨額の借金だ。

 

もう、なんやの。

魔女はこんなに毎日を真剣に生きているのに。

支払いの滞納なんか、今まで生きていて一回もしたことないやん!(当たり前)

 

「もう車、手放しなさいよ」というご意見の方もいらっしゃるかと思いますが…魔女が住んでいる所は、車がないと生きて行けない。

仕事は、通勤では原則自動車通勤は禁止なのだが、ないと生きて行けない。

都会のように電車や地下鉄、バスがガンガンあるところなら無くても生きていけるが、残念な事にそんな環境ではない。

病院へ行くのも一苦労。

ご老人のアクセルとブレーキの踏み間違えの事故が増えているが、あれは非常に難しい問題だ。

免許を取り上げるのはいいが、取り上げたあと、買い物や病院といったご老人達の日常のお出掛けが非常に困るのだ。

自転車でひっくり返っても困るし。

というか、老人の自転車は車道の中に入って蛇行して走るから、危険な事この上ない。

本人は蛇行していると思っていないのだ。

こんなん、突然目の前で自転車がひっくり返って、車でひいてもうても車側の前方不注意になるのだ。

やってらんねぇ…。

タクシーなんか使っていたら、あっという間に破産する。

かといって、ご老人の病院や買い物の時間にはこちらは仕事してるんやから、車を出せるはずもなく。

あれやな。

老人にはAT車乗らせるのも、売るのもやめよう(笑)

ミッションなら踏み込んでもあそこまで大暴走して突っ込まんやろ。

オートマやから、踏み込んだ分だけ突っ込むんやろ?

ミッションも同じ??

うーん。

難しいな…。

 

 

 

取り敢えず、魔女の借金は今のところ減りそうにないので、身を粉にしてどころか、粉がサラサラ過ぎて鼻息で全部吹き飛ぶくらいに働かなければならない。

 

頑張るべー(O゚皿゚O)