読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポケモンGOで「変な上司の烙印」ゲットだぜ!!

ポケモンGOって、いまだによくわからんのやけども…面白いの??(首傾げ)

うつ病患者がやると、引きこもりから必然的に外に出るようになるから、いい効果があると聞いたんやけど…。

 

魔女は基本的にゲームというものに、興味がない。

一時期「Q」という頭を使うゲームが周りで流行って、やらないのは非国民のような扱いをされて渋々アプリをダウンロードした。

 

1日で飽きたよね。

 

もうな、イライラするねん!(笑)

 

魔女はかなり、どんくさい。

マリオとか、全然クリア出来ない。

そして究極の面倒臭がり。

森の住人と戯れるだけの、DSの「どうぶつの森」も、甥っ子の相手をするためだけに仕方なく買ってやっていたくらいに、ゲームというものをやらない。

ゲームに課金とか、もう本当に意味がわからない。

 

そんな魔女、とある企業のTさんという方に久々に再会した。

あー、なんか転勤するって何年か前に言うてはったなぁ。

帰って来たんや…。

見た目が細くてシュッとしてて、なかなかのイケメン。

スーツが似合う。

その方がお目見えする時には大名行列のように部下を引き連れていて、もういかにも「THEデキル男」って感じやった。

 

しかし、時の流れは残酷だ。

転勤から帰ってきて一人で挨拶周りに行くと、自分を覚えてくれている人が殆どいないらしい。

かなり寂しく思いながら、魔女がいる職場にも来たらしい。

「あれー?!Tさん??いつ帰って来たの?イケメンやったのにちょっとポチャった?(笑)」

 

Tさん曰く、名刺を出す前に名前を言われたのは、かなり衝撃的だったらしい。

 

自分を覚えていてくれた…!!!

 

Tさん、嬉しくてはしゃぐ。

おっさんがはしゃいでも、決して可愛くはないが、嬉しそうだからいいか(笑)

 

そんなTさんは今さらだがポケモンGOにハマっているらしく、嬉しそうに「これ、今朝マンションの玄関で捕まえたんです!!」と自分のスマホを取り出して見せてくれた。

 

 

…なにこれ。

ピカチュウちゃうやん…。

 

 

ポケモンピカチュウの方式しかない魔女には、謎の青い生物にしか見えない。

 

子供のかわりにせっせとポケモンを集めるT さんは、職場ではクールな男だ。

時代の最先端を行く大企業だから、時代に乗り遅れないように必死だ。

今さらポケモンGOは、かなり時代に乗り遅れている気がするが、そこは優しさでそっと口をつぐんで黙っておく(笑)

 

来る度に、魔女を探し求めてはポケモン報告をしてくれる。

 

「うんうん、いっぱい捕まえたなぁ。すごいやん!!」

 

もう、気分は保育園の保母さんだ。

 

Tさんは偉い人なので、基本的には頻繁に顔出しはあまりしない立場の人だが、部下である担当さんの目をすり抜けてはやって来る。

一緒に来ると、ポケモン報告が出来ないからだ。

 

Tさん、職場では「子供の為に仕方なく」ポケモンGOをやっていると、クールな男を貫いているらしい。

 

ある日、担当さんから尋ねられた。

「うちのTが魔女さんを探し求めては、頻繁に来ているようで…ご迷惑をお掛けしてませんでしょうか?この前はお話出来なかったらしくて、しょんぼりして帰って来まして…」

「しょんぼり?お話出来なかったのって、いつの話??迷惑ではないけど、仕事の話はあんまりなくて、毎回嬉しそうにポケモンGOの成果を報告してくれてるくらいかな?(笑)」

 

担当さん、頭を抱えて絶叫する。

 

「Tは自宅がここの近くなんで、魔女さんに報告したくて、ちょくちょく来てるみたいなんです!!ポケモン、やっぱり自分が楽しくてやってたんだ…!!あの人、会社ではポケモンなんかに興味ないって言ってるんです!!スマホ持ってウロウロして、仕事しろや、T ー!!!( :゚皿゚)」

 

 

 

ごめん、Tさん。

あなたの職場でのイメージ、魔女が完全に壊したみたい(笑)

 

 

ポケモンGOでTさんがゲットしたのは「ポケモンの成果をわざわざ魔女に報告しに行く変な上司」の烙印。

 

 

Tさんは今日もせっせと、ポケモンGOに勤しんでいる。

Tさん、ポケモンゲット頑張れ(´p・ω・q`)♪