読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

婦人科検査はスリルと冒険にあふれている

狩野英孝の釈明会見に萎えた魔女です(笑)

 

叫びたい。

 

 

 

 

半分くらい、嘘やろー!!(笑)

 

 

 

 

最初から恋愛感情もあり、バリバリ肉体関係あったやろ。

年齢も「野生の勘」で問い詰めたとかやなくて、最初から知ってたやろ。

もうな、鍵付きの鋼鉄パンツを彼にはかせなさい(笑)

涙目になるくらいなら、最初からするな。

10代の肌と20代の肌は全然違いますー!!

…もう二度と戻って来なくていいよ!(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

なんやろう。

借金のストレスかな…。

不正出血というものが続いていまふ。

あ、殿方にはなんの事やらわからんよね。

生理やないのに血がでるねん。

あそこから。

目視ではっきり「血が出てる」って、わかるくらいに出る。

魔女、不正出血ってなったことないんです。

最初は気にしてなかったんやけど…さすがに一週間ダラダラ続いたら恐くなってきて。

こっそり、先輩に相談したら「それ、ヤバイやつやないの?」 と。

魔女もBBAやし、病気でない自信は正直言うとまったくない。

慌てて職場近くで、すぐに見てもらえる病院をネットで調べて電話。

まぁ、これが繋がらない!!(笑)

世間のご婦人は「こんなに電話かけてるの?」ってくらいに繋がらない。

繋がらないと恐怖が増すのはなんでやろ(笑)

 

やっと繋がって、状態を説明したら

「危ないですね…」

 

ええぇぇー!!!(゜ロ゜ノ)ノ

マジですか!?

バイですか!?

 

「可能なら今すぐ来てください!!」

 

 

 

え。そんなにヤバイの???

 

 

 

ちょっと慌てた。

今すぐて!慌てますやん!!

仕事…

仕事…

仕事……仕事中にこんな電話が出来るくらいに暇やし、ちょっとだけ抜けようかな?

一応時間を聞いたら、ちょっと抜けさてもらったら行ける時間。

でも、お医者さんが男性。

しばし悩む。

 

「ベテランのおじいちゃん先生だから、大丈夫ですよー!!」

 

 

おじいちゃんか。

うん。魔女が迷ってる問題は、そこやない(笑)

大丈夫って、何が大丈夫なのかもわからん。

男性の先生は嫌なんやけど…。

でも、血が出てるのは怖い。

 

 

 

よし!決めた!!

おじいちゃん、よろしくな!

任せたぜ!!!

 

 

 

上司に事情を説明して、ちょっと外出。

理解ある人で、よかったわ…。

病院ついたら、問診票を書かされるんやけども、まぁ、産婦人科だから生々しいよね。

前の生理はいつ終わったかとか、性行はしましたか、とか。

一番ビビったのが「重大な病気であった場合、家族に告知しますか」

誰に告知するかとか、連絡先の電話番号まで書かされるねん。(総合病院の中の産婦人科やからかもしれませんが)

 

ネットで調べた、不正出血があるときの病気がぐるぐるまわる。

卵巣やろか…筋腫があるからそれやろか…もしかしたら癌とか…でも、お腹は全然痛くないねん…。

 

 

手が震える。

 

 

オカン?いや、オカンはこういうのあかんねんな。

オトン?あぁ、ますます駄目や。

妹…はうっかり死んだときに迷惑になるよな…。

(もう重大な病気で、発覚したら即死するくらいの勢いの決定事項で考えている)

 

えぇい!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分で自分にびっくりしたね!

や、あいつ、魔女と似てるし性格がドライやから、大丈夫やろ(笑)

 

 

バシッ!と問診票を提出して、呼ばれるのを待つ。

 

雑誌なんか、読む気になれない。

なんせ、重大な病気かもしれんのやから!

 

やっと呼ばれて中に入ると、おじいちゃん先生にご対面。

 

 

 

 

 

うーわー。

予想以上のおじいちゃんやわ…

 

 

 

 

 

症状を説明しながら、泣きそうになる。

おじいちゃん先生、なんやショボショボしてるねん。

 

 

「じゃ、ちょっとみましょうか!」

 

 

あれや。

台に乗せられて、脚がカッパーン開くやつや!

病院いく予定なかったから、スボンやし。

着替えを置く場所にバスタオルあるけど…バスタオルにしては短すぎてケツ丸出しやねん。

こんな屈辱、あります!?(机バァンッ!!)

 

 

「まだですかー?」

 

カーテンの向こうから、おじいちゃん先生が呼んでいる。

様子を見に来た看護婦さんにケツ丸出しで、泣きそうになっているところを見られる。

 

 

帰りたい…。

 

苦笑いで看護婦さんに椅子に座るように、指示される。

そうよね、あなたからしたら、これはお仕事ですものね!!

こんな間抜けなやつ、腐るほど見てきてるよね!!

バスタオル、長いのにしてや!!!(笑)

 

 

ケツ丸出しやから、椅子が冷たい。

先生、声もかけんといきなりご開帳するし。

 

 

 

 ぱっかーん(auの三太郎風)

 

 

何してるのかわからないけど、あそこに入れた器具が痛いねん!

冷たいし、痛いし

「ちょっとだけただれてるから、消毒のお薬入れますね」

 

 

 

おじいちゃん!!なんやもうわからんけど痛いよぅ!!!(泣)

 

 

 

「終わりましたよー」

 

 

ご開帳装置は解除され、もとの椅子に戻る。

 

ケツ丸出しで、着替えに戻る…。

 

 

 

 

ご親切に、性病の検査までしてくれたそうで。

結果は後日郵送。

性病やったら、魔女にうつしたの彼氏しかおらへんのやけど、その辺り、どう詰め寄るべきか悩む。

 

診察の結果は「過度のストレスによるホルモンバランスの崩れ」

あぁ、やっぱりか(笑)

 

 

「顔がものすごく疲れてるから…」と、おじいちゃん先生は、休みもなく仕事をバリバリこなす孤高のキャリアウーマンに魔女を仕立てあげていた。

もう、訂正する元気もない…。

仕事で疲れてるのは事実やし。

異動してから、白髪というものが生えてきて死にたくなったし。

 

 

ご親切に性病の検査をしてくれたから、診察代がびっくりするくらい高かった。

あぁ、予定外の出費や…orz 

「安心を買いに病院に来たんだ」と、自らに呪文をかける。

 

 

性病の結果通知が来るまで、陽性やったら、感染ルートを彼氏にどう詰め寄るか脳内会議でシュミレーションを何回もした。

 

 

 

 

結果は陰性。

 

 

 

 

 

彼氏に性病の容疑をかけた事は、口が裂けても言えません。

墓場まで持って行きます。

ごめんねー!テヘヘ、ペロッ☆(笑)

 

バレたら絶対にシバカレる…。

((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル