読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初の彼氏はストーカー☆

物騒な題名ですな(笑)

 

 

どこかの記事で書きましたが、魔女の男性遍歴は実にあっさりしています。

 

魔女の初恋は幼稚園の時…やったと思う。

ただ普通に仲良く遊ぶのが好きなだけだったから、初恋とは呼ばないのかもしれない。

あとはクラスの人気者男子にほんのりと憧れに近い気持ちを持ち、自分からする初めての告白は高校生の時かな?

結果は失恋やったんやけど、あんまりショックではなかったから、ホンマに好きではなかったんやな、と今なら思う。

友達グループの「恋ばなしたいから、好きな人がいなきゃダメ」的な空気にのまれていたんかなぁ。

 

 

初めての彼氏は専門学校時代に出来た。

「出来た」…というのは正確には違うから、言葉に迷う。

なんであのメンバーが集まったのか、いまだに疑問なんやけど、高校時代の友達に「初日の出を見に行こう」と誘われたのがきっかけ。

で、プチ同窓会みたいになった時に、なんか気に入ったらしくて。

目、腐れてるんかな?(笑)

 

魔女はどう頑張ってみても、その男が生理的に受け付けないタイプで…。

高校の時も大嫌いやったしな(笑)

魔女、意味不明な俺様男が大嫌いやねん。

ずっとお断りし続けていたんやけども、「お試しで1ヶ月だけ!」と拝み倒されて渋々…。

 

1日目の夜には、もう激しく後悔したよね(笑)

着せ替え人形状態で、そいつ好みのぶりぶりヒラヒラな服に着せ替えさせられて、あちこちに「これ、俺の女」と連れ回され、発狂しそうになった。

「これ」扱い。

ホンマに「物」扱い。

 

その時の車がなぁ…これまた最悪やねん。

車の種類はわからんのやけど…セダンタイプの乗用車。

内装、ワインレッド色したベルベット。

ベルベットやで?

ワインレッドやで?

ダッシュボードのとこに、わさわさの白い毛皮みたいなん敷いてるねん。

スモークガラス。

ナンバープレート、夜になるとなんかピカピカしてるねん。

もうデコトラやん(笑)

もうな、こんな悪趣味にわざわざ金をかけていることの意味がわからん。

というか、このダサい車に乗ってるというだけで、死にたくなるくらいに恥ずかしい。

 

毎日毎日、分刻みのメールとメールに返信しなかったら電話での所在確認の束縛、「指輪を作るからサイズを教えろ」と恐怖のあまり震え上がるしかないことを言われ、もう泣きが入るよね(笑)

友達には「あいつ、マジで面倒臭いから、本人が言うた1ヶ月だけ我慢しろ!!」と言われて、なんとか3週間我慢した。

 

 

あと一週間。

絶対に別れる!!!( :゚皿゚)

 

 

固く決心して、ご飯を食べに行った店で事件は起こった。

ほらほら、ファミレスで店員さんにえらそうにして魔女が別れを言うた男、こいつやねん(笑)

もう我慢の限界で。

 

 

 

 

 

別れた後に、この男が絶対に居るはずのない場所で何回も遭遇し、夜に魔女の自宅近くの電信柱の影に居たのを発見したときにはチビりました。

 

 

 

 

もう無理や。

魔女、こいつにストーカーされた上に、殺される…!!!

 

 

 

 

警察に泣きながら電話したよね(笑)

 

 

 

後日、友達から電話きた。

「あいつ、結婚まで考えて壮大なプラン立ててたみたいやで(笑)」って。

 

1ヶ月の期間限定内に、結婚まで突き進むつもりでいたの!?

うそやん!(笑)

 

 

その数年後、とある場所で、魔女そっくりな顔したゴスロリ服着た女とストーカー男が手を繋いで歩いているのを友達と一緒に見て、いろんな意味で血の気が引いた。

友達もホンマに震え上がってたしな…。

魔女は、友達がゴスロリ服を買うと言うのでついて行っただけ。

ゴスロリ服を見に行って、ゴスロリ服を着た己と瓜二つな女と遭遇…。

 

 

 

ドッペルゲンガーとやつの執念、同時に見たね…  ( ゚д゚)ポカーン

 

 

Mr. ストーカーの執念、怖い怖い…((( ;゚Д゚)))