読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「近くて便利」は本当に便利なのか否か。

皆様、こんばんは。

魔女です。

 

やっと。

やっと、空気清浄機を買いました!

シャープのを買う気満々で行ったのに…

 

 

なぜかDAIKINのを買ったというね…( ノД`)…

 

 

ぴちょんくんの会社。

空気清浄機売り場にさ、DAIKINのジャンパー着たおっちゃんがいてね。

最初は魔女ご希望の、シャープさんの最新型のやつを一生懸命に説明してくれて。

「このおっちゃんのジャンパーなんやねん…」って秘かに思ってたら「実はわたくし…」ってDAIKINの社員やと申すわけです。

「そらそうやろ。そのジャンパーは関係ない人は着られへんやろ」と。

で、DAIKINの最新型の説明きました。

まぁ、あんまり売る側の現場に立つ人やないんやろな。

説明がクドイねん(笑)

もっとこう、簡潔にわかりやすくアピールせな売れへんやろ…と。

マニアックな説明すぎて、さすがの魔女も少々疲れてくるくらいにマニアック。

魔女は買う前にカタログ集めたり、スケール片手にサイズ妄想したり、めちゃくちゃ調べる人なのでついつい質問してしまうんやね(自ら墓穴を掘って、その穴にズッポリ頭の先まで埋まるタイプやん)

寝るときに空気清浄機の音が気になって嫌とか(変なとこで神経質)、加湿したら窓の結露が心配とか(なら加湿するな)、一日中つけたら電気代が心配とか…いろいろ。

どうせ加湿するならアロマが欲しいとか、「もう空気清浄機やなくて1年以上ずっと迷っている無印のアロマフュージャー買いなさい」と言われる事が確実なワガママまで言い出す始末。

そのうえ、普通に空気清浄機あるあるな質問をガンガン繰り出すわけなんや。

それって結局は相手様の思うつぼなわけで(アロマ云々以外。加湿用のタンクには水道水以外は絶対に入れてはダメって言われたし。精製水もあかんらしいで。DAIKINの空気清浄機だけかもしれへんけど)、説明はクドイがDAIKIN愛に溢れたおっちゃんに、まぁ軽~く小一時間説明されて。

 

長っ(笑)

 

お前、暇人か(笑)

こんなに一生懸命必死に説明されて、なんかもう気の毒になってきて。

ここまで説明させて「やっぱりシャープにします」とはチキンハートの魔女には言えへんかった。

呆れるくらいにホンマにチキンやわ…(  ̄- ̄)

DAIKINさんのは玄関用にしました。

もともと玄関にも置けるように、スリムボティーにしたみたいやし。

入り口から絶たないと、バンバン花粉は入って来るんやもの…。

ウイルスにも効果あるらしいから、やっぱり玄関やろ。

薬は一応飲んでいるとはいえ、花粉のモーニングアタックがキツくて毎朝部屋から出るのが憂鬱やったのが大丈夫になったから…やっぱり効果はあるんやね。

目と耳の奥が朝に全然痒くならないもん。

かなりのスリムボティーで、見た目もスタイリッシュでなかなかいいです。

 

だがしかし。 

 

それでは部屋の窓が一ミリたりとも開けれないのは変わらないので、部屋用は日を改めてシャープさんのを買いに行きます(笑)

微力ながら、再上場の手助けを…。

シャープさんには頑張っていただきたい。

東証一部に上場するのって大変なんやで!?

しかも、再上場なんやで!?(お前に言われへんでも、皆さんとっくの昔にご存知だよ)

 

 

 

 

 

 

 

最近、魔女の中でセブンイレブンの白玉とわらび餅の入ったスイーツが静かなブームです。

スイーツの神様が降臨してきたような美味しさ(魔女の食の好みの問題やろ)

初めて食べた時は「白玉とわらび餅と生クリームだけなのに、やけにカップが深くない?」ってモグモグ食べたら、底からカップの色と同化してる分厚いつぶあん層が出現した。

 

えー…??( ノД`)…

 

残された分厚いつぶあん層だけを食べる切なさ、語り出したら3日分くらい夜が明けますな。

次回はちゃんと全部一緒に食べよう…。

でも、セブンイレブンって店によってアルバイトさんの態度悪すぎてあんまり好きやないねんなぁ。

ローソンはどこに行っても親切やしなぁ。

ファミマも最近は良くなったよね。

ファミチキしか買わへんけど(笑)

職場の近くのセブンイレブンは、「おもてなしマイスター」の称号を魔女の心の中で勝手に献上しているくらいに素敵な人達。

どの時間帯に行っても素晴らしい。

それに比べて…魔女の自宅から一番近くのセブンイレブン

クソみたいなやつらしかおらへんねん。

そのクソの中でもさらにハズレを引いた時の腹立たしさ、半端ない。

お弁当の温めお願いしたら、舌打ちされたりな。

おいおい、ちょいと待て?

首根っこひっつかんで、引きずり回すぞクソガキが(高校生男子アルバイト)

二人がかりで袋に入れてくれるのはいいんやけど、わざと??温めたお弁当の下に冷たいペットボトルの飲み物入ってて、お弁当斜めで思いきり汁漏れしたりな。

ちょっと。

これ、魔女がまともにおつかいのお弁当も買えへん人みたいやん。

車の中、カレーくさくなってもおつかいだから買いに来たのにさ。

 

 

クソガキ、しばいたろか!!

貴様の脳みそはスライムか!?

しかも、買ったのカレーやのに箸が入ってるねん。

おバカブラザーズな君達のお家では、カレーのルーを箸で食べるのかね?

箸で掴めるくらい固いルーなの?

それ、もうドライカレーか、とかす前のカレールーの塊やん。

それとも何か?

ルーを別けて入れてあるあのカップみたいな入れ物抱えて、カレールーをドリンクみたいに飲めって事?

カレーはいつからお飲み物になったんや??

結婚式のケーキカットばりに高校生男子二人の共同作業されて、箸はないやろ。

しかも、2膳。

あー、君達お一人様各1膳入れたんか。

そうかそうか。

 

……ってなるわけない。

 

ここのセブンイレブンが特殊でおかしいのだと、思いたい。

まともな店員、ホンマにおらへんねん。

たまにめっちゃいい人おっても、すぐ辞めてしまうねん…。

このパッパラパーな男子アルバイト二人組に怒鳴ってるお客さんたまーに見るから、やっぱりこの店がおかしいねんな。

毎回オニギリやサンドイッチの期限切れで、買い物客の誰かがレジでビー!!っていうし。

魔女も1回ある。

しかもラストワンのやつ。

どういう商品管理してるのか、一度膝付き合わせて問いただしたいよね。

阿呆しかおらへんから、レジでスマホゲームしてるしな。

バッと隠したけど、ゲーム画面バッチリ見えてるんだよ…。

レジの内部は確実に鮮明に、防犯カメラに映ってるのわかってるんかな?

君達はバカッターと呼ばれた冷蔵ケースに入ってる写真アップしたりして大炎上したバカの候補生達かね?

ねぇ、どうなってるの?

セブンイレブンさんよ??

 

コンビニって、ホンマに大変な仕事やと思うねん。

商品の入れ替わり激しいし、レジだけでもいろんな技(?)があるやん。

普通に商品のレジ打ちだけやなくて、お弁当の温めに始まり(温めすぎて熱すぎて叱られ、ぬるすぎても叱られる悲しさはわかる)、おしぼりに箸やフォークやスプーン、ホットスナックにケチャップとマスタードつけたり、おでん、デザートスプーンとか小技がわんさかある上に、公共料金の支払い、ネット料金の支払い、プリペイドカード、タバコやらお酒やらもあるから年齢確認の問題、使う方からしたら便利やけど働く方は大変やろなぁ…って。

基本的に何でもあるやん。

コンビニって。

お金もおろせるし、コピー機もあるし、いろんなチケットも買える。

手広くやり過ぎやん。

便利やけども。

あのでっかいコピー機の紙詰まりとかインク切れとか、魔女なら涙目…にはならへん。

チキンハートの癖に、意外とこういうのはあちこちガシャガシャ開いて、紙詰まりしてる用紙引き抜いたりするねん。

会社のコピー機の業者さんがメンテナンスに来たときにへばりついて、いろいろ聞いとくのよ。

したら、いちいちしょーもない事でヘルプデスクに電話せんでもよくなるから、お互いにストレスにならへんのよねー。

ガシャガシャあけるし、小さいレーザープリンターならドラム交換までしちゃうよ。

なんで出来へんのか、わからんわ。

説明書に全部懇切丁寧に書いてあるやん。

あぁ、話がそれましたな。

 

あの小さな店内に、ギュッといろんな事を詰めすぎて大変なのはわかるねん。

変なお客さんいっぱいおるやろし。

クリスマスケーキや、おせちに恵方巻にはノルマで悲鳴あがって、ホンマにキツいと思うねん。

でも、それとこれとは話が別だよね!

カレーに箸はない。

わからないならお客様にどうするか聞け。

これ、接客業の基本やろ。

自己判断かなんか知らんが、無言で箸はやめろ。

しかも、2膳(かなりの衝撃だったのでひつこく繰り返す)

 

だから魔女はセブンイレブンは自宅近くのではなく、遠くても極力別のセブンイレブンにいく。

緊急時以外は行かない。

遠くのセブンイレブン行く途中にローソンや24時間営業のスーパーがあるから、そこに行くよね。

もう「近くて便利」という、セブンイレブンの企業理念(?)や概念を覆す店やわ。

 

近くても全っ然、便利やない。

むしろ不便。

お金払って不愉快。

人間だし、間違えることもあるよね!…なレベルを越えすぎ。

 

魔女の心が狭いんやろか…。

 

微笑みの爆弾。

皆様、こんばんは。

魔女です。

 

アタイ…、アタイ…、あいつに殺されちまうよ…!!!(泣き叫び)

 

 

 

 

花粉に。

 

 

 

 

今年こそはもうホンマに観念して、空気清浄機を買わねばならない。

どれがいいんやろ…。

プラズマクラスターのシャープかしら。

少々高くてもいい。

確実に花粉の奴等をとっ捕まえてくれるなら、それを買う。

このままでは部屋の窓、一ミリたりとも開けれない。

洗濯した服を着たら身体が痒くなる。

なんでかな?…って思ったら花粉やねん。

痒みにのたうちまわるの、ツラい。

外に干すの、やめて…(`;ω;´)

アレグラ星人飲んでてもこれかよ…(白目)

ドクターに相談してアレルギー薬、変えてもらおうかなぁ…。

これで黄砂が来たら、完全に外に出られなくなるやん。

 

 

 

 

 

魔女は態度がでかいくせに、びっくりするくらいチキンハートの持ち主だ。

ストレスはある日突然、胃にくる。

この、ギリギリと千枚通しを胃にぶっ刺されてグリグリされているような、激しい強烈な痛みはなんだ??

手持ちのガスターを飲んでみるが効かない。

「この一点集中型の痛みは、さしこみか?」と胃薬をブスコパンに変えてみるが、やっぱり効かない。

もうね、こんだけ痛いなら血便とか血尿とか出そうなもんなのに出ない。

胃に優しいマイルドなものを食べるように心掛けてはいたが、その努力を嘲笑うかのように胃は大反乱を巻き起こす。

 

胃のストライキ

 

口にしたものをもれなく追い返す、大反乱。

味のあるものは、口に含むだけで嘔吐。

歯磨きは地獄だ。

胃液を吐きすぎて歯が酸でやられたのか、知覚過敏気味だ。

歯ブラシを歯に当てるだけで痛い。

 

仕事の時の歯磨きは、昼休みの終わりを告げる魔女の中での神聖な儀式だ。

儀式をすっ飛ばす事は許されない。

すっ飛ばすと、そわそわしてなんとなく落ち着かないからだ。

マウスウォッシュだけではダメなのだ。

歯磨きをしないとスイッチが切り替わらない。

我ながら、非常に面倒臭いと思う。

歯の痛みに耐えながら歯磨きを頑張ってするのだが…、ほんのちょっぴりの歯磨き粉の味にも嘔吐。

でも歯磨き粉をつけないと、磨いた気がしないから厄介だ。

トイレに入るのが間に合わない時は、歯ブラシを持ったまま洗面台で胃液を吐く羽目になる。

 

そんな魔女を、ずっと優しく見守っている人がいた。

 

掃除のオバチャンだ。

色白でふっくらして、とても穏やかで優しい人だ。

待ち伏せしてるのかと思うくらいに、魔女の嘔吐場面に毎回出くわすのだ。

個室でゲロゲロ吐いて、ヨロヨロしながら出たらやっぱりオバチャンがいた。

いつものように、「お疲れ様です~」と挨拶をする。

ゲロゲロ吐きすぎて、痩せたというよりやつれてフラフラする。

目の下にはクマが出来て、頬の肉が削げ落ち顔色も非常に悪いので「不健康万歳!!」と叫びたくなる。

口をゆすぐのすら苦痛で、水を口に含むだけで嘔吐。

あぁ…なんだかいつもよりさらに調子が悪すぎやしないか?

洗面台にしがみついてぜぇぜぇはぁはぁして、もうホンマにしんどい。

吐きすぎてしんどくて涙が出てくる。

オバチャンは魔女がしがみついている洗面台の隣で、鏡をキュッキュッと拭いている。

ピカピカなトイレは、オバチャンのお掃除のおかげなのだ。

そのトイレをゲロで汚すのは、なんだかとても申し訳なくなってくる。

 

「綺麗にお掃除してくださっているのに、汚してすみません…」

 

ぜぇぜぇはぁはぁ肩で息をしながら、涙目でオバチャンに謝る。

ホンマに申し訳なくて、申し訳なくて。

 

 

オバチャンは慈愛に満ち溢れた、女神の微笑みで言った。

 

 

「今はしんどいけど、終ったら楽になるから大丈夫よ。妊婦さんは誰もが経験する事やから気にしないの!」

 

 

「…はい………。……(  ̄- ̄)??」

(妊婦さん??誰の事なんやろ…)

 

 

女神の微笑みが眩しすぎて、率直な疑問を口に出来ない。

微笑みが素敵過ぎて、後光がさしている。

 

吐けるだけ吐いてトイレを去るが、頭の中は女神の言葉がぐるぐるまわる。

 

 

妊婦さんは誰もが経験する事…。

 

 

 

 

「妊婦さん」て、誰??(真顔)

 

 

 

ロッカーに歯磨きセットをしまいながら、人生の先輩と崇めている人に事情を説明してみる。

 

「それなぁ…あんたが妊婦さんやと思われてるで、絶対」

 

 

 

 

やっぱりか!!(白目で泡吹き)

妊婦さんになれること。

最近すっかりご無沙汰で、全然してません!!!!щ(゜▽゜щ)

 (誰も知りたくもないプチ情報)

 

 

女神様からの微笑みの爆弾や…。

 

 

その後も謎の嘔吐は続き、歯医者さんでの定期検査と歯のお掃除中にも嘔吐してしまい、いよいよアカンやろ…と内科に走る。

空っぽの胃に、謎の嘔吐。

すい臓を疑われ血液検査もしたが、原因はわからず…人生初の胃カメラデビュー決定。

検査日に車の運転は出来ないと注意事項に書いてあるから、魔女のオカンに送迎を頼んだ。

 

テレビでよく見る、鼻からやなくて喉からカメラが入るやつやった。

 

カメラ、デカっ!!((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

というか、カメラついたホースみたいなの、やけに太すぎやしませんかいのう??

風呂場のシャワーホースみたいやん。

これが入るの?

無理やろ。

無理無理~~(ヾノ・∀・`)

 

魔女のオカンはピロリ菌の検査で同じ病院で胃カメラを飲んだが、麻酔でぐっすりスヤスヤと眠り、「気づいたら胃カメラは終わってて、いつの間に移動したのか部屋の隅の長椅子で寝ていた」というから呑気に構えていたら…まぁ、とんでもない。

麻酔、ホンマにしましたか?…ってくらいにヤバイ。

ホースみたいなのが食道をガンガン進んで、胃の中で動き回っているのがはっきりとわかる。

謎の嘔吐に苦しむ人間にこんなもん突っ込まれたら、そりゃ吐くやろ。

横に向いて寝ている口の下に置いてある、ゲロかよだれか…口から出てくるなんやかんやを受けるのであろう入れ物タプタプに、なにがなんだかわからんものをゲロゲロ吐く。

ゲロだけやなくて、涙も出てくる。

 

スヤスヤ寝るなんか無理やん。

めっちゃ意識あるし!!

こんなんでぐっすりと寝たオカン、おかしいんちゃうか!?

苦しい、苦しい、吐く~!!

早く終われ~!!!(`;ω;´)

富士フィルムの研究員のCMが頭の中をグルグルまわる。

助けて!!富士フィルムの人!!(叫)

 

 

その後も意識は一切飛ぶことはなく、胃カメラが抜き出された途端にスチャッと飛び起きて、ドクターと看護師さんにびっくりされた。

 

食道と胃に残る異物感が気持ち悪い。

もう一刻も早く帰りたい。

布団被って寝たい。

 

迎えに来てコールしても、オカンは来ない。

こんなにピンシャンしてるなら、自分の車で来ればよかった…orz 

 

 

後日。

胃カメラの検査結果を聞きに内科をたずねた。

 

ピロリ菌、陰性。

 

あー。ピロリ菌、陰性か。

魔女、胃の中でピロリんは飼ってないってさ。

ピロリんってなんやねん(笑)

結局、胃痛の原因はいまだにわからないままだ。

うつ病の薬の副作用かもしれないが、結局謎のままだ。

 

ドクターに微笑みながら言われた。

「僕みたいにね、なーんも考えずにいたら胃は痛くならないよ!!君は繊細だね~。神経質はダメ!!胃が痛いわりに、君の胃は綺麗なんだよね。全然荒れてないし。」

 

 

微笑みの爆弾・第二段投下。

 

 

ドクターの笑顔と後光が眩しい。

なーんも考えてないのに痛いのよ。

これは胃腸炎やインフルエンザじゃないのは自分でもわかってる。

 

多分やけども、「顔が疲れているから飲みなさい」と栄養ドリンクが大好きな先輩から毎日のように強引に渡され飲まされ続けた、栄養ドリンクが胃痛の原因のような気がしてる。

あれ、カフェインそこそこ入ってるやん。

空っぽの胃にそんなん入れたら吐くやろ。

 

魔女は栄養ドリンクが得意ではない。

あの独特の甘さがどうにも苦手で、口の中で味を感じないように喉の奥に流し込む。

ユン○ルなんかを渡された日には、あのピリピリが喉の奥で非常に刺激的。

アリナ○ンは、飲んだ瞬間に吐く。

ニオイからしてあれはヤバイ。 

ドリンクも錠剤もダメ。

正露丸と同じでニオイがあがってくるやん。

アリ○ミン飲める人、本気ですごいと思う。

 

微笑みの爆弾を2連発で食らって、結構ダメージはデカイ。

  

 

微笑みの爆弾の半分は優しさで出来ている。

 

 

女神からの爆弾を食らった後に、体調を一気に崩して休んだから女神の中では「妊娠確定」されているに違いない。

 

あぁ…慈愛の女神に会った時に魔女は女神になんて言えばいいのか…。

 

 

……想像妊娠だった事にしとこうかな(笑)

愛と異臭の果てに。

皆様、こんにちは。

魔女です。

春を目前にして今更ながら「しりぽっか」の魅力に取りつかれております。

 

しりぽっか。

 

尻にカイロを敷くなんか。

なんか、てなんやねん(笑)

箱は仰々しいくせに、中身は貼らないカイロ1枚と、カイロを入れるペランペランな袋(?)が1個しか入ってないんやけど。

もうね、温さが絶妙。

尻がホカホカ。

めっちゃ気持ちいい。

だから「しりぽっか」なんやな。

ホカホカ具合がいいわぁ…。

箱はかなり仰々しいけどな!(笑)

びっくりするで。

天下のAmazon様も、中身と箱の大きさがおかしいときあるけども…しりぽっかにはかなうまい。

しりぽっか、オススメです。

 

 

 

 

 

 

いつぞや、魔女がプチ断捨離をしている事を書いたような気がしますが…まだ継続中です。

ゴミ袋に入れてしまえば大丈夫なんやけどな…入れる前にめっちゃ悩むねん。

結構しょーもないもので。

 

ボールペンとか、ボールペンとか、ボールペンとか。

 

何本ボールペン出てくるねん!…ってくらいに出てくる。

ボールペンって、なんやかんやで貰いません?

仕事の時にボールペンは確かに必須アイテムだが、こんなにいらない…。

職場で使えるやろか…とかどうでもいい事を考え出してしまうねんな。

で、いらない紙にグリグリ書いてみたら、インクはあるのに書けない。

 

なんでや!!!

 

…ってなって、ボールペンを分解してペン先をライターであぶるという暴挙に走る。

もうね、「そんな無駄な事するくらいならいさぎよく捨てよ?」…って、真夜中にボールペンをあぶるべくライターを探したあの時の自分に言いたい。

煙草吸わへんのに、ライターなんかあるわけない(笑)

オトンのライター、失敬してきてじゃんじゃんあぶったわ。

結局捨てたけどね!(時間の無駄使い)

 

プチ断捨離を毎日ちまちま進めていくなかで、魔女はある異変に気付いた。

なんかこう…部屋から酸っぱいというか、なんかの臭いがする。

「また臭いネタかよ…」と思ったそこのあなた、正解!!!(*≧∀≦)人(≧∀≦*)♪

魔女はお部屋の芳香剤というやつは非常に苦手だ。

なんでか咳が出るのよ。

この酸っぱいニオイ、どこからしているのかわからないが、ホンワカとにおう。

決して嫌なニオイではないんやけど…なんか酸っぱい感じが危険信号を発している。

 

いまだ手付かずだった樹海に入ったように、掘っては捨て、掘っては捨て。

たまーに、捨てたらホンマにヤバイ書類とか出てくるから確認せずに全捨ては出来ない。

適当にポンポン置いてきた、過去の己を呪いたくなる。

 

魔女が「大事なもの」を置いているコーナーがあるんやけど。

まぁ片付け途中やから「大事なものコーナー」も荒れ放題。

 

 

荒れ放題祭り、絶賛開催中!!

 

期間:本日から前後半年。

 

 

一年中やん。

いやいや、そんな己にsey good-byeするために、片付け祭りを始めたのだ。

無駄に英語を入れてみたら、昭和臭がすごいな。

だが、もう戻るわけにはいかない。

というか、あの資格証明書が出てこないと非常にまずい。

魔女は、とある資格証明書を探している。

保管していた場所にないからだ。

他のは全部あるのに、肝心なやつのがない。

原本やから、非常にまずい。

会社に出さないといけないからだ。

つか、原本は会社に渡したまま返却されていないような気がするんやけどなぁ。

本社のお引っ越しの時に無くしたんやないの?…と疑う気持ちもあるのだが、自分の記憶もかなりあやふやなので一応探すしかない。

会社のロゴの入った封筒に入れた記憶だけはバッチリあるのだ。

 

 

 

ゴソゴソゴソゴソ。

 

 

 

うわっ、教員研修の証明書!!

なつかC~、ビタミンC~、美味C~(  ̄- ̄)

いやいや、今はこんなもん要らへん。

シュレッダーかけたいくらいに要らない。

これやない。

必要なんはこれと違うし。

 

 

 

ゴソゴソゴソゴソ。

 

 

 

なんやろ。

ニオイが…少しはっきりしてくる。

掘るべし!!

 

 

 

ゴソゴソゴソゴソ

 

 

 

ムニュッ。

べちゃっ。

 

 

 

なんか、ムニュって。

柔らかなマシュマロのような乳…というか、ムニュッ、べちゃっ。

ムニュッはいいんやけど、後半の「べちゃっ」が気になる。

嫌な予感。

 

 

 

 

掘るべし!掘るべし!!!

 

 

 

 

だんだんニオイが強くなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

出た~!!!!!(゜ロ゜ノ)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

青カビの生えたべちゃべちゃなミカン3個。

しかもお手紙つき。

 

 

 

 

 

 

おおぃ?

誰だい、ミカンこんなとこに隠したの。

 

 

 

 

 

あいつだよ、あいつ。

 

 

 

 

 

 

 

魔女の可愛い甥っ子。

 

四歳になりたてホヤホヤ。

オムツがいまだに外れてない、後ろ姿の尻がハムスターみたいな可愛いあの子だよ。

 

 

 

 

あぁ、そういえばこの前来た時に宝探しごっこしたなぁ。

魔女がマジックで絵を描いたミカンを、こんなとこに隠したのかい??

 

 

 

 

うそやん…ミカンの下にあるの、マイナンバーが入ってる封筒やないの?

 

ミカンの汁がべちゃーなって、封筒にバッチリ染みている。

恐る恐る中をのぞいたら…うん。

 

見なかった事にしたい姿のマイナンバー。

 

封筒の上にミカン並べてお手紙置いて、回りのものを被せてしっかり隠してありました。

 

宝探しやもんな。

そりゃ頑張って隠すよな。

お宝やもんな。

 

 

 

 

あああぁー…!!!m(。≧Д≦。)m

 

 

 

 

 

お手紙に魔女と思われる絵が書いてある。

「おばちん、すき」って書いてある。

おばちん(笑)

「おばちゃん」って書けなかったんやね。

四歳になりたてやもの。

仕方ない。

 

 

甥っ子の愛を感じました。

ぐふふっ…( *´艸`)

 

 

 

だが、茶色いシミがべちゃーなってるマイナンバーをどうするか問題だ。

ミカンのニオイするし。

面倒だし、そのままかなぁ。

再発行するのダルい…。

 

魔女の発掘調査はまだまだ続く。

面倒くさいから、もういいかなぁ(一番やったらアカン事やろ…)

他のは全部あるから、それ1個だけないのはおかしいんやもん…。

 

 

 

………(ーдー)

 

 

 

探すしかない…。

頑張るべ~(  ̄- ̄)

カラスに300円貰った女。

皆様、こんにちは。

魔女です。

アイツが…ついにアイツがやって来たよ…。

呪われた、悪魔のようなアイツだよ…。

(ヒソヒソ声)

 

 

 

 

花粉。

 

 

 

もうね、めっちゃ飛んでる。

円広志もビックリなくらいに飛んでる。

 

 

飛んで 飛んで 飛んで 飛んで 飛んで~

まわって まわって まわって まわぁ~るぅぅう~(熱唱)

 

 

喉もイガイガするし鼻水は絶対に風邪からやと信じていたけど、裏切られた。

なんだろう、この切ない、梅干しばぁさんみたいな口になる酸っぱい気持ち。

甘酸っぱいではなく、酸っぱい。

「てへへ☆来ちゃった!(ハート)」みたいな気持ち。

レモン1000個分の、ビタミンCのど飴みたいな酸っぱさ。

1000個分て、なんやねん。

レモン1個分でいいやん。

なんで1000個分も凝縮すんねん。

レモン1個の中にいるビタミンC の気持ちを考えてみ?

悲しいやん…切ないやん…(`;ω;´)

どうせすぐおしっこで出るのにさ、1000個もいらへんやん。

…屁理屈こねて現実逃避しても、アイツが鼻水と目の痒みと耳の奥の痒みで現実に引き戻す。

鼻水のせいか、頭が重い。

嫌やん。ホンマに嫌やん。

まだ2月やで?

ちと早すぎやしませんかい?

本格的な春を迎える前に、花粉でダウンするわ。

花粉症の症状に「健康的に痩せる」とか、「仕事がサクサクはかどり過ぎて怖い」とかいう症状があれば、こんなに憂鬱な気持ちにはならないんやろな。

 

 

 

 

 

魔女は最近、カラスさんに300円を貰った。

あれは女の子のカラスさんやと思う。

綺麗な子やったわ。

 

「アタイに着いてきな!」と、スカートがロング丈のセーラー服着た昭和の不良少女みたいにアゴでクイッとされて。

最初は無視してたんやけど、やけにカァカァ鳴くから着いていったんや。

もうね、明らかに魔女を見てる。

「お前や、お前」って。

魔女、ご指名よ(笑)

 

時々、振り返ってはちゃんと着いてきてるか確認して、アゴをクイッってするねん。

へいへい。

ちゃんと着いていきますぜ!

誰も居ない場所。

道路の片隅。

 

 

 

カラスさんの足元の道に、キラーンと光輝く物がある。

 

 

300円。

 

 

何回見ても300円。

 

 

カラスさん、再びアゴをクイッ。

「お前にやるよ。遠慮せずに持って行きな」

 

 

 

え?魔女にくれるの?

嘘やん(笑)

いやいやいや、嘘やろ。

 

 

 

( ゚ε゚;)ゴクリ…

わからないときは本人に聞くのが一番。

 

 

 

「く、くれるの?」

 

 

カラスさん、アゴをクイッ。

「持って行きな」

 

 

 

マジっすか!!!!(゜ロ゜ノ)ノ

 

 

「宝物やないの?」

カラスさん、再びアゴをクイッ。

「持って行きな。お前にやるよ、アタイの宝物」

 

 

そ、そうか…魔女に宝物くれるんや…。

 

 

恐る恐る魔女が300円を拾うのを見届けると、カラスさんは飛び去って行った。

 

 

 

カラスさんから300円を頂戴しました。

もうね、これ、ホンマにガチやねん。

頭おかしい人にしか思えへんけど、ホンマやねん。

ホンマやと訴えれば訴えるだけ、嘘臭くなるんやけども…(笑)

 

 

カラスさん、頭いいからなぁ。

なんで魔女にくれたんかわからへんけど(笑)

いただいた300円でジュース買いました。

 

カラスの姐さん、ゴチです!

カラスさんを見かけたら、話しかけてみるといいです。

魔女を知ってますか?って。

多分、答えてくれますよ。

 

「カァカァ!! (カラス語の訳:知ってるでー。あのマヌケな魔女やろ!!!(((*≧艸≦)ププッ)」って(笑)

 

カラスさん、またよろしく~(笑)

GET WILDがあまりにもワイルド過ぎて思わずポチッたよね。

皆様、こんばんは。

魔女です。

ずっと引き換えてなかった末等当選の宝くじを持って行ったら、三万円になりました。

 

 

 

 

 

(  Д ) ゚ ゚

 

 

 

 

 

己の目が信じられない。

200円やと思い込んでいた宝くじが三万円。

宝くじの当選確認は、宝くじ売り場のなんかすごいスピードでバーッて見る機械が確実やな。

ハズレやと思っている宝くじも怪しいので、次回持って行こう…(欲を出したら当たらへんねん)

 

 

思わぬ臨時収入があったので、スタバのサクラフラペチーノを飲んでみました。

 

( ゚Д゚)ウマー!!!

 

ずっと欲しかったタンブラーもゲット。

桜のタンブラー。

もうね、なんでもっと早くタンブラー買わなかったんやろ。

パソコンのそばに置いても、カップみたいにそうそう倒れる心配ないし、思ったよりも長い時間ホカホカのが飲める。

飲みすぎてお腹ちゃぽちゃぽになるけど、体脂肪を燃焼するとかいうコーヒーを買ったまま、毎回マグカップに作るのが面倒で放置していた魔女にはもう神すぎるアイテムだ。

何より、可愛い。

うきうきしますなぁ。

 

 

 

 

皆様は、TM NETWORKの4月リリース予定のアルバムの中身をご存知だろうか?

その昔…爆発的に売れた、GET  WILD。

アニメのシティーハンターの曲。

 

 

あの伝説のGET WILD

 

 

アスファルト タイヤを切りつけながら暗闇走り抜ける、あのGET  WILD。

 

チープなスリルに身を任せても 明日に怯えていた、あのGET WILD

 

一人では解けない愛のパズルを抱いている、あのGET WILD

 

 

……この辺りでやめとかな、あの協会に著作権云々で訴えられそうやな(笑)

 

 

 

アルバム全曲がGET WILD

そう。

全曲。

 

どこから再生しても、何曲か飛ばしても絶対必ず、GET WILD

GET WILD で始まり、GET WILD で終わる、正真正銘のGET WILD

 

 

 

選ばれしもののための、GET WILD

 

 

 

ワイルド過ぎて、Amazon様で思わずポチッたよ。

 

 

スギちゃんもビックリなワイルドさ。

もう袖どころか、下半身がすっぽんぽんなワイルドさやろ(ただの露出魔やん)

そりゃ、結婚写真やのにあのワイルドな姿で写真撮るわ(笑)

 

臨時収入の三万円を握って、某でっかいカメラな家電屋さんへとコンポ見に行ったよね、わざわざ。

GET WILD の為に(笑)

買わずに帰って来たけど。

どれがいいんか、わからへんのやもん…。

某ビック写真機なお店には、何回も痛い目に合わされているので警戒もしている。

「この札をお持ちください」の在庫札がパンパンにあるのに、いつ行っても品切れとかな。

ノートパソコンで聴けばいいやん…とちょっと思い始めている。

 

 

しばらく、GET WILD の為に悶々と悩むだろう。

ドライブ中にずっとGET WILD とか面白そうやなぁ。

 

 

GET WILD ドライブ。

 

 

高速道路をかけ抜けながら オービス避けて走る

チンタラ進む軽自動車に イライラして追い抜くよ

 

 

おぉ。迷曲が出来た(笑)

 

くそ寒いのに布団を捨ててしまいました。

皆様、こんばんは。

魔女です。

 

…………。

(  ̄- ̄)

 

そうよね。

バレンタインやものね。

イチャイチャするのに忙しいよね。

 

 

 

 

 

 

チョコレートを手に入れ損ねた殿方の悲痛な叫びが聞こえます。(空耳ではないはず)

 

 

 

 

 

普通にチョコレートが食べたいだけなのに、今日買うと、レジで憐れみの目で見られるのではないかという被害妄想まで生み出す。

 

あぁ!なんて恐ろしい…!!

 

男性だって、普通にチョコレート食べたいやんなぁ。

もらったらもらったで、お返しやらなんやら面倒なんかもしれへんけども、もらえたらやっぱり嬉しいよね(笑)

 

 

 

 

 

 

魔女は今、こつこつチマチマ、お部屋のお掃除をしている。

プチ断捨離。

ゴミの日にゴミ袋を出す度に、気持ちが軽くなる。

ゴミ袋パンパンのこのゴミが全部お金やったら、借金すぐに片付くのになぁ…と(笑)

何だかんだ文句言っていた服も、かなり減りました。

季節とか言うてたら処分出来ないので、もう安くてもいいから古着屋に持ち込んでいる。

10年以上着ていないコートなんか、もういらへんし。

引越しの時に、命からがら実家に戻ったので未開封のダンボールもそのままある。

「今まで使わずに生活出来たって事はいらんのやろ」ってあけたら、炊飯器とティファール出てきたよね。

実家なら、そりゃいらんわな(笑)

 

あ、魔女ね、一人暮らしをして2回ストーカーにあってるねん(笑)

1回目は普通のアパート。

で、怖いから引っ越して2回目はオートロックのマンション。

職場にまで電話来たり、実家にも変な電話があって、警察にも相談したけどいまだに犯人はわからず。

マンションのポストにお手紙入ってましてね。

 

 

「ずっと見ている。

どうして俺の言う通りにしないんだ」

 

 

どうして…。

どうして??

あなたが何処の誰だか、さっぱりピーマンだからさ。

 

 

警察なんてあてになりゃしない。

事件性がないと、テコでも動かないらしいな。

あまりにも職場に電話が頻繁に来るので、上司と共に警察に行ったら「殺される前に実家に帰った方がいい」みたいな事を、オブラートにくるんで言われたよね。

 

ほほぅ。

殺される直前までいかな、君達は動かへんって事やんな。

実家にも電話来てるのに、実家に帰れときたか。

相談しに行った、派出所が悪かったんやろか?

派出所より、警察署に行くべきやったんかな?

職場だと、ナンバーディスプレイなんか役に立たないよね。

公衆電話からかかってきてたし。

上司と相談して、渋々実家に帰った。

 

 

そんな恐怖に震えた夜も一緒に過ごした思い出の詰まった布団に、さよならを告げた。

さらば。

恐怖の布団。(布団は何も悪くない)

 

 

布団を粗大ゴミで引き取ってもらって、処分した後に気づいた。

ネットで注文した新しい布団がまだ届いてない…。

 

 

ちょっと勢いついて、早く捨てすぎた。

客間のお布団出すのは面倒臭い。

でも寒い。

こたつで寝ます。

身体がバキバキになってもいい。

寒さに震えるよりましだ。

 

 

皆様、布団を捨てるときは計画的に捨てましょう。

何も考えんと捨てるの、魔女だけやろな(笑)

 

魔除けのダーリン。

皆様、こんにちは。

魔女です。

万年筆デビューをしました。

欲しい万年筆はあるんやけども、まずは万年筆で文字を書くことに慣れようと、なんかの雑誌の付録についていた万年筆を使い始めました。

ちょっと背筋が伸びる感じ?(それは普段から猫背やからやろ…)

ボールペンとは違う書き心が、なかなか良いです。

 

 

 

 

 

 

 

魔女の彼氏は、日々の観察の結果、どうやら霊感(?)的なものがあるらしい。

本人は語りたがらないが、何やら感じ取っているようだ。

彼も魔女も初めて行く場所でも、彼が「そっちは行ったらあかんで」と言う場所には、ひっそりと無縁仏のお墓や、水子供養のお墓があったりする。

 

 

 

ひょえぇぇ…!!!((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

 

 

 

 

彼の魔除け(?)の威力は、いろいろな方面で発揮される。

かなりの高確率だ。

ピンポイントでくる。

出張で彼のお迎えがない日に、羽をのばしまくって仕事帰りに夜の街に繰り出して、友達と二件三件とはしごして、友達がしっかりと電車に乗るのを見届けてから「さぁ、帰るべ」とタクシー乗り場に行ったら、居るよね、彼が。

 

仁王立ちして。

 

あ、魔女はアルコールは飲みません。

雰囲気に飲まれるの(笑)

 

 

タクシー乗り場のそばに、出張で今日はいないはずの彼がいる。

背中から変なオーラが出ている。

漫画みたいな。

ドラゴンボールみたいな。

おぉ!!あれが噂のスーパーサイヤ人!!

 

 

ま、まぶしい…!!!

 

 

あれ?魔女、アルコール飲んでないのになんやの?

ウーロン茶しか飲んでないのに、実はあれ、ウーロンハイやったの??

 

いやいや「今日は泊まりやから、帰れへん」言うてたやん。

 

 

 

 

 

幻~!!!(IKKOさん風)

 

 

 

 

 

あ、そっかそっか。

幻なら仕方ないな!(笑)

知らん顔して素通りしようとしたら、やっぱり彼やん。

顔、めっちゃ怒ってるし。

なんでやねん。

 

「俺に黙って飲みに行くなんか、300万光年早いわ」

ベシッ!!!(めっちゃ強烈なデコピン)

 

300万光年ってなんやねん。

つか、額が割れるわ。

デコピンやなくて、デコポン…は柑橘類やな。

なんやろ。

 

 

デコ☆クラッシャー(ダサい)

 

 

嫌な予感がして、泊まりをキャンセルして仕事を巻きに巻いて帰って来たらしい。

いやいや、仕事巻きすぎやろ。

なんかいろいろ、すっ飛ばしてるやろ。

飲み会とか、絶対ブッチしてるやろ。

 

「俺はそんな失礼な事はせぇへん!」

 

あー…オービスを避けながら、高速道路ぶっ飛ばして帰って来たのね…orz 

 

魔女の彼氏は、魔女を乗せていない時は運転がめちゃくちゃらしい。

皆「本気で死ぬかと思った…」と口を揃えて言うのだ。

細い裏道でもガンガン飛ばして、恐怖のどん底に突き落とすのだ。

遊園地のアトラクションより怖いと評判だ。

「送ってくれよぅ!!」と言われるのがうっとおしいから、とことんまで恐怖のどん底に突き落とす。

それが俺様流。(アナザースカイ風味)

 

この数日後、厄年でもないのに厄払いに連れて行かれ、お祓い中に彼がグルグルしだした。

顔が真っ青。

カタカタ震えている。

 

え、なんやの?

これ、ガチでヤバイやつ!?

 

オロオロする魔女に、お祓いの人(?)が「大丈夫ですから」とジェスチャーしてきて、彼の肩をパシーンとあの叩くやつで叩いたら止まった。

 

 

 

嘘やん…。なんか変なもの連れてたの??(`;ω;´)

妖怪電波あるんと違う??

 

 

 

これが魔女のダーリン。

魔除けよ、魔除け。

魔女の使い魔だわ!

あっはっは!!(((*≧艸≦)ププッ

 

 

今日はバレンタインですな。

モジモジしながら、彼にチョコレートを渡した過去が懐かしゅうて懐かしゅうて…(笑)

世の女子の皆様、頑張れ(´p・ω・q`)♪