読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

看護師の女・知子(仮名)の王子様。

皆様、こんばんは。

魔女です。

 

知子(仮名)の記事をアップ以降、カウンター…恐ろしい伸びを見せています。

あまりに怖くて最近よく寝れない…。

((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

カウンター壊れてるやろ、これ。

あとで「間違いでした」って訂正入るやろ、絶対に。

なんかの罠やろ(誰得な罠やねん)

こんな垂れ流しの駄文を読んで下さる方は、厳しい現代社会に生きる菩薩のような優しい心の持ち主の生き神様やろ。

手を合わせて拝んじゃう。

な~む~……グー…(。-ω-)zzz(寝るな!)

 

ほんのり何となく昭和のエロ臭漂うタイトルがよかったのか、知子(仮名)の間抜けなエピソードがよかったのか、正直わからへん。

あ。知子(仮名)、さすらいの女看護師ではありますが…そこまで激しく病院は変えてない…はず。

多分。

恐らく。

…Probable?

いや。そこまではちょっと自信無い。

……Maybe……辺りで…。

知らない間に病院変わっていたりするんで、よくわかりません。

申し訳ございません…。

知子(仮名)の職場に興味ない…というか、お勤めする病院が変わっても、知子(仮名)は知子(仮名)やし。

看護師の世界は、何回話を聞いてもわからんのですわ。(お前がアホなだけやろ)

知子(仮名)は看護師の仕事に誇りを持っていて、看護師の仕事が大好きな事くらいしかわからへん。

命の現場で、患者さんと真摯に向き合って泣きながらも奮闘する知子(仮名)はホンマにカッコイイ女です。

 

 

 

 

 

もうこのまま、知子(仮名)ネタでいきましょうかの(笑)

知子(仮名)から渡されたDVD、結局観てません。

ポータブルプレイヤーまでわざわざ用意してくれたんやから…と、途中までは観たんやけどな…最後まではやっぱり無理やわ。

恐ろしいくらいに興味がわかない。

ソーセージパーティーは約10分でギブアップ。

これ、YouTubeの予告動画がすべてやろ。

あれでお腹いっぱいになるやろ。

テニスの王子様も15分くらい?

今さらテニスの王子様はなぁ。

というか…誰かに押し付けられて処分に困った面倒臭い物を魔女に押し付けるの、ホンマに止めて。

その中に自分の趣味をさらっと混ぜるの止めて。

コレ、アナタノホントウニ悪イ癖ヨ!!(川崎カイヤ風に片言で叫んでみる)

同じスポーツ漫画ならスラムダンクの方がいい。

漫画の共通点、ジャンプしかあらへんやん、というね。

ジャンプ漫画のアニメなら噂の銀魂を観てみたいよ…。

少年漫画の明らかに遺伝子が違うキャラが全員同じ顔に見えて見分けがつかないやつに、おそ松さんベルリンの壁より厚くて、崩壊するのは無理ですやん。

進撃の巨人の要塞の壁みたいですやん。

六つ子て。全員同じ顔ですやん。

全員ニートて。(これだけは知っている)

テニスの王子様は、跡部王国とやらを持っているらしい跡部様なら名前がわかる。

あ!!この王国の人が主役の王子様!?(多分違うやろ)

 

「王子様」って、星の王子様かカレーの王子さまくらいしかすぐに思い浮かばへんわ。

ハンカチ王子…は、今はいろいろ大変そうやしな。(ハンカチ王子て…かなり古いな)

あと、ウィリアム王子とジョージ王子。(ガチのイギリスの王子様やん)

 

 

 

知子(仮名)の過ぎ去りし日の、かなり過去の心の王子様は「サンジ」という名の黄髪の異国の人だった。

女性大好き、美女を前にすると顔面崩壊変態容疑のある、細マッチョなシックスパックの持ち主。

眉尻が何故だかクルクル渦巻き線香な、なんだかちょっと危ない人だ(魔女目線)

 

 

異国……??

 

 

モノは言い様やな。

確かにいろんな意味で異国の人。

だが、知子(仮名)が言い張った「金髪碧眼」かどうかは謎だ。

髪の毛、あれは黄色やろ(判定厳しめ)

あの目…碧眼ではないやろ。

百歩くらい譲っても、炊き込みご飯のお焦げくらいに焦げた茶色やろ、多分。

 

ワンピースを「少年誌で大人気の海賊漫画」というくらいの認識しかしておらず、キャラも全然知らなかった魔女は「サンジ」=「なんだかとても和風な感じの人?」

…のいたってシンプルな方式で「ゾロ」を「サンジ」だと、かなり長いこと思っていた。

緑髪と黄髪の男子を、完全に真逆だと思っていた。

信じて疑っていなかった。

あの腰にぶら下げた三本刀で調理をする、ちょっと危ない筋肉バカなコックさんなのだろうと思っていた。

コックさんなら美しい筋肉になる為の栄養バランスにも詳しいやろうし。(それ、コックさんというより管理栄養士さん寄りやろ)

「あの見た目…コックというより板前さんやな。この人がお寿司作ったら、ダイナミックで何故だか美味しそう」と意味不明な事を思っていたわけだ。

この時点で、ワンピース読む気0。

ZERO~(夜のニュース番組風)

アニメもよくわからないから観ない。

たまに話が噛み合わないが、まぁ漫画読んでないし!…位にしか思っていなかった。

ルフィとナミとウソップ、チョッパーがかろうじてわかるレベル。

かろうじて…というか「それって全員主要キャラですやん」という事に後日気付いて、一人で恥ずかしくなったのは内緒。

 

そんな魔女に、ワンピースのコミックスを読む機会がやってきた。

彼氏だ。

仕事が山積みで帰れなくて、でも自分の勤務時間はとっくに過ぎているので切り上げるタイミングをみていたのだろうか。

「(腕時計を見て)あ!!!家でワンピースのアニメ観るから俺は帰る!!(*>∀<*)ノ」

…と、皆の前で宣言して足取りも軽やかにスキップしてるんじゃなかろうか、という春風のような軽やかさで帰った男だ。

や。うん。

いいんだよ、別に。

録画したアニメだろうが、大人なピンクのあっはんうっふん(ハート)な映像だろうがなんだろうが、どうぞ好きなだけ観てくだされ。

君の勤務時間はとーっくの昔に過ぎている。

魔女の仕事が終わるのを待つにしても、何にも知らない周りからしたら明らかに不自然。

退社打刻をしたのに帰らない方が、会社的には一応問題になる。

サービス残業撲滅の為に、一応偉い人の立場の人がまずは見本を見せねばなるまい。

皆が帰りやすいようにせねばなるまい。

そういうのはわかっていても、立場的に皆を置いて己が「我先に!」と帰りにくいのは確かにわかる。

だがしかし。

 

なんでワンピースやねん。

 

その場にいた全員が口には出さずに思った言葉だ。

 (彼は場所を変えただけで、結局この後も魔女の仕事が終わるまで自分の仕事をしていた事が後に判明する)

 

あのクールなおっさんを虜にするワンピース。

魔女がなにかでもらったチョッパーのキーホルダーを差し上げたら、大喜びですぐさま車のキーにつけてニヤニヤしていた男だ。

あのクールな男が、ニヤニヤ!!(白目)

あのクールビューティーな女・知子(仮名)がUFOキャッチャーに夢中になるほどのワンピース。(その頃はいっぱいあった。でっかいチョッパー。)

クールな男女を夢中にさせるワンピース。

 

ちなみに。

恐ろしい偶然なのだが、彼氏も知子(仮名)もまったくの正真正銘の赤の他人だが、苗字がまったく同じ!漢字も同じ!!

!!ヽ(゚д゚ヽ)(ノ゚д゚)ノ!!アワアワ

まさか、ここで「ワンピースって、こっちのワンピース!こ・れ・よ(ハート)」と、ヒラヒラしたお洋服の方のワンピースではないだろう。

 

Gokuri…( ゚ε゚;)…

ワンピース…読む…??

 

この時点でワンピースのコミックス、もうめちゃくちゃ出ていた。

記憶が正しければ…ロビンちゃん、出てた。

ロビンちゃん…かなり前やな。

アラバスタ編にはもう出ていたよね…。

魔女が読み始めた時には骨の人はまだ出ていなかった。確か。

 

えー…ちょっと心と腕が折れそうやな…。

劇場版の上映前とか上映期間中って、本屋さんもかなり気合い入れてますやん?

1巻でも途中が抜けていたら買うの止めよ!って決めて本屋に赴いて、自分で作った逃げ道を見事に封鎖された。

 

「レインボーブリッジ、封鎖されました!!」

(踊る大捜査線、みてないけどな)

 

発売されている全巻が揃っている。

なんなら、プレゼント用に…ってプラスであと10セット位は軽く買えそうな感じにびっちり揃っている。

 

もうね、本の重さで紙袋の底と持ち手が破けるのと腕がもげるの、どっちが早いかな?…って思ったくらいに重かった。

本屋のレジで小学生の見知らぬ少年達に「かっけ!(カッコイイの意味だと思われる)ワンピースの大人買い…」と羨望の眼差しを向けられ、少年達とハイタッチをした。

Amazonでポチれば楽々やん、というのは家に着いてから思った!!。・(つд`。)・。

 

頑張って読んだ。

夜なべして読んだ。

 

まず、「サンジ」が「ゾロ」だった事に衝撃を受けた。

え?サンジ…改名した?(してません)

高須クリニックで美容整形した?(してません)

あのぐるぐる眉尻を真っ直ぐにする、この高度な眉毛の整形はやはり高須クリニック…あ、ぐるぐるした眉尻はまさかのおしゃれで書き忘れ?アイブロウペンシルうっかり無くしたんやろ?(無くしてません)

サンジが出てきた、あのレストラン。

えー?このぐるぐる眉毛の足癖が非常に悪い人が本物のロロノア・ゾロでしょ?

誤字?全巻、まさかの誤字ですか??

 

 

((ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

 

誰にも言わなくてよかった(真顔)

 

魔女が必死に頑張って読んだにも関わらず、知子(仮名)はあっさりと黄髪のぐるぐる眉毛の異国の人を忘れ、今度こそ正真正銘の異国の人に夢中になった。

 

ジャック・スパロウ

ハリー・ポッター

時々、進撃の巨人のお掃除好きな誰か(これまた魔女にはわからん漫画やねん…)

 

そのあとの心の王子様は、知らない。

まぁ、ソーセージパーティーのソーセージではないことだけは確かだ。

あ。あの人かも…。

大野智(嵐のリーダー)

 

魔女が嵐の「MJ」に夢中で、ジュレームを使っては頭皮が被れ、サボンドブーケを使っては身体が痒くなり、ことごとく松潤のCM品の売上貢献出来ない己を呪っていたら、さらっと紫のアレグラ星人の売上に貢献をしていた。

ついでにMJと相場ちゃんのピンクのジュレームと、ニノのサロンパスまで愛用しているなんて…!!

あのさらっとさ。

知子(仮名)がガチの時のさらっとさや。

あのリーダーのほやんとしたのんびりさ、知子(仮名)の彼氏によく似ている。

知子(仮名)、ホンマはほやんとした人が好きやもんな。

癒されたい女子やから。

 

こうして魔女、かなり出遅れ気味なワンピースデビュー。

そして、エースが死んだ所で大号泣して心が折れてしまい、そこから話がもうわからなくなってきた。

本屋で新刊が出ていても、己が何刊まで持っているのか真剣にわからないのだ。

表紙とにらめっこしてみるが、思い出せない。

立ち読み防止のビニール破るわけにはいかないし。

面倒臭くなって「家の本棚を確認してから買おう」と思ってから、新刊で平積みされているのを何回見ただろうか…。

もう多分10冊以上出てるよね…。

毎回、Amazonで注文し忘れる。

Amazonでワンピースの検索したこと無いから、「あなたにおすすめ」で出ないから毎回忘れるんだよねー。(¬∀¬)

 

そして。

知子(仮名)に貰った、ジェラート・ピケのブランケットは顔に被せるとめちゃくちゃ重たくて寝れない事に気づいた。

フワッと顔に被さっていて欲しいのに、顔にずっしりくる。

寝顔見られるの、嫌やねん…。

 

はっ!!!(゜ロ゜)!

寝れなかったの、「カウンターの回りが恐ろしくて」じゃなくて、ピケのブランケットのせい…???

ふわふわで気持ちいいからまぁいいや。

今夜もずっしりした重さで眠るのだ。

 

 

ワンピース…どこまであるのか気になってきた(笑)

看護師の女・知子(仮名)の場合。

皆様、こんばんは。

魔女です。

 

Q : 目を開けると光が眼球に突き刺さって眼球の奥が痛いので、目を閉じていたらずーっと寝ている人になります。

どうしたらいいですか?

(質問者:某総合病院入院中の患者・M)

A: 知りません。もう潔く諦めて、ずーっと寝てればいいんじゃないですかね?

 (回答者:某総合病院勤務看護師・T子)

 

 

 

 

 

看護師の女・知子(仮名)がお見舞いという名の隠れ蓑を被って、魔女をからかいやって来た。

 

この知子(仮名)は、いろいろな病院を転々として来たさすらいの女看護師だ。

東京の超有名な大病院のバリバリの看護師から、自家用車がないと出勤が不可能なド田舎の老人介護施設の看護師まで振り幅が広すぎな、自由すぎる女だ。

かなりの険しい山道を自転車で通った知子(仮名)。

知子(仮名)は運転免許を取り損ねた女。

知子(仮名)曰く「東京では免許の必要性を感じなかった」(知子(仮名)の自供文より引用)

東京の病院を辞めて、ド田舎のあの険しい山道を通うと決めた瞬間から、免許は必然的に必要性を帯びたはずやろ…。

楽チンなの、全部下りになる帰り道だけやん。

救急で真夜中に呼ばれて死にそうになりながら、真冬の凍結した真っ暗な真夜中の山道をママチャリで立ちこぎの方が危ないやろ。

坂道も楽々な電動自転車買えや。

女性看護師は「白衣の天使」とよく言われるが、こいつの場合は「白衣の堕天使」。

セクハラなんてしようものなら、こいつにかかれば己がのしあがる為の格好の餌食になる。

羊の皮を被った悪魔だ。

 

その悪魔が病室にやってきた。

知子(仮名)「暇やろ。これ持ってきた」

ガサッと手渡された紙袋。

薄いブルーのジェラート・ピケのショッパーだ。

 

ちょっとだけ警戒する。

紙袋に騙されてはいけない。

「紙袋=中身」に直結する、そんな簡単な女ではない。

知子(仮名)は、罠を仕掛けるためなら手段は選ばない女だ。

なんやろ…怖いわ…。

ガサゴソ。

ポータブルDVDプレイヤーにイヤホン。

ソフトは…ソーセージパーティー。

えぇ…ソーセージパーティー…??(困惑)

あー…まだあるな。

ガサゴソ。

おそ松さん

おそ松さん

テニスの王子様

パイレーツオブカリビアン

ハリー・ポッター

ムーランルージュ

ワンピース(劇場版)…

クローバー(実写劇場版)

せいせいするほど愛してる…

世界一難しい恋…

 

他にもなんかめっちゃいっぱいあるけど…

 

全部お前がドハマりして、早々に飽きたやつやん!!!(笑)

 

知子(仮名)は、非常に飽きっぽい。

魔女よりも激しい。

 

看護師という仕事は、こちらが想像する以上にヘビーでストレスフルらしく、ネタが尽きない。

尽きるどころか、職場を変える度にネタが

グレードアップされている。

コンクリートジャングルに疲れ果て、もう落ち着いて地元で働きたいと東京の病院を辞めて勤め始めた老人介護施設を光の早さで辞めたのも、エネルギッシュ過ぎる(極々一部の)ご老人の性生活に疲れ果てたという…腹筋を鍛えて挑まないともれなく腹筋が崩壊する、涙なしには語れない逸話の数々の「知子(仮名)の語り部の会」の逸話の中でもかなりのヒットな話だ。

真夜中のお部屋の見回りで、病院によくある怪談話的なお化け話ではなく、使い捨てられたスキンを床に発見して滑って転んだ女。

それが知子(仮名)。

スッ転んで懐中電灯を破壊し、部屋の電気をつけたら、おばあちゃんの一人部屋で別の部屋のおじいちゃんがおばあちゃんにのしかかり、くんずほぐれずな男女のプロレス大会開催中。

床には投げ捨てられた使用済みのスキン3個。

そのうちの1個を踏んで滑って転んだ看護師。

それが知子(仮名)。

 

 

 

知子(仮名)…!!!(涙)

 

 

 

知子(仮名)は風のように現れ、風のように去って行った。

夜勤でお仕事だってさー。

そう。

知子(仮名)がこのでっかい総合病院に来て初めての夜勤で、救急車で運ばれてきた魔女に遭遇。

 

知子(仮名)、お前、こっちに帰ってきてるなら連絡しろや。

誰もお前がここにいるの、知らへんで。

自由すぎる女。

それが知子(仮名)。

 

 

 

そして、知子(仮名)が持って来てくれたソフトは「ソーセージパーティー」と「テニスの王子様」以外はまさかのBlu-ray

Blu-rayでソフトを買ったってことは…ガチでハマっていたんやな、知子(仮名)よ…。

知子(仮名)…魔女はテニスの王子様のキャラクターの見分けがさっぱり出来んのやけど。

残念な事に、全員同じ顔に見える。

髪型と髪の色が違うのはわかるんやけどな…全部同じ顔やろ、これ。

それ以前に、こんな中学生集団は嫌や。

 

知子(仮名)…、似たような円盤やけどな、DVDプレイヤーでBlu-rayはみれへんで。

試してみたけど、「読み込み出来ません」ってキュルキュルいうてる。

 

 

いろんなものの一番下に、多分本命の差し入れであろうピケのブランケットを忍ばせる知子(仮名)。

知子(仮名)、照れ屋さんやもんな( *´艸`)

 

知子(仮名)、ありがとう~(ノ≧∀≦)ノ

お仕事、頑張れ~(*>∀<*)ノ

小さいマスクを選ぶ女子とLサイズのスキンを選ぶ男子の心理は似ていると思う。

皆様、こんにちは。

魔女です。

 

痛いの痛いの、飛んでいけー!

 

…とこめかみ押さえながら真顔で唱えてみましたが、やっぱり痛い…(`;ω;´)

偏頭痛、ちょっとキツいな…。

天気悪いし、花粉からも頭痛くるしそれもあるんやろか。

多分、にわか雨降るよ。

あんまりゾーミック様に頼るのもなぁ。

悪の側近やし(笑)

肩も首もバキバキ。

眼球の奥も痛いし、痒いし、えぐりだして水道水でバシャバシャ洗いたい。

入れ歯みたいに、寝る前とか痒くてたまらない時に眼球外したいと思う花粉症の方はたくさんいるはず。

花粉症の間は朝、目やにがすごいねん…。

酷いときはまつ毛が目やにで絡まりますからね。

目が開かない。

 

「3月末かな!」と言われておりましたが…来週に、退院予定でございます!

総合病院から一回退院して、かかりつけの内科に再入院。

それ、退院やなくて転院やん…というね(笑)

完全な出戻り。

かかりつけ内科…では対応できなくて→総合病院→かかりつけ内科

一瞬だけ退院。

ひゃっほーぅ(ノ≧∀≦)ノ

シャバだ、シャバだ!!

まず何をしたいか?

 

マクドナルドの照りたま食べたい。

 

ジャンクフード、もしゃもしゃ食べたい。

コーヒーがぶ飲みしたい。(病院の一階にあるドトール行きなさい)

ドトール、行きたいねんけどね…迷子になるの…(真顔)

エレベーター間違えたら違う棟に行ってまうし、もうひげを切られたにゃんこと同じで、どんどん遠くに行くねん…(絶望顔)

おじいちゃん、おばあちゃん達に「なんで?」って言われるくらい迷子になる。

なんで?知らんわ(笑)

こんなにブラックコーヒー求めて、中毒ちゃいますのん?また胃が痛くなりますよ?…と自分で思ったけどいいの。

紅茶も飲みたい。

コーヒーと紅茶って、最高の嗜好品だよね。

期間限定のスタバの新商品は一応押さえるが、スタバのコーヒーそのものが美味しいのかと問われたら、魔女の中ではかなりの疑問点はある。

スターバックス」という看板にお金払ってる感じ。

差し入れにスタバのコーヒーとプリンとかケーキとか持って行くと、中身よりあの紙袋に皆がひれ伏す感じやん。

「ははー!!( ノ;_ _)ノ!スタバ様の御成り~」って空気になりますやん。

店内は落ち着かないから、魔女はいつもテイクアウト。

スーツにスタバのコーヒーテイクアウト、新幹線乗り場で資料と手帳広げて、肩と耳にスマホ挟んで仕事の電話している時のスタバは、意味もなく何億万倍も仕事出来る人に見せる魔法のアイテム(上司を客観視した感想)

ここ最近スクスクと健やかに横に成長して、かなりお太りあそばした顔面に眼鏡のつるがガッツリ食い込んでいても、かっこよく見える。

セブンイレブンのあの紙カップのコーヒーより、仕事出来る人に見える魔法アイテム。

というか、スタバ、あのカロリー!!!(笑)

フラペチーノとか、キャラメルマキアートとかだけなんやろか?

これ一杯で…って考えたら、恐ろしく不健康やん。

スタバはお財布にも優しくないし。

同じ不健康でもポテトチップスとコーラはお財布に優しい。お腹いっぱいになるやん。

(お前の判断基準はそれしかないんか)

スタバのタンブラーはその点は便利だ。

一回買ってしまえば中身がなんであろうと、タンブラーが「スタバ」を主張するから中身もスタバだろうと勝手に思われる、ということに気付いた。

例え中身が水だろうがお白湯だろうが、おしゃれ。

スタバはおしゃれ番長なのか…。

確かに、ドトールはおしゃれ番長ではないかもしれない。

ちょっと頑張っておしゃれした、おしゃれデビューした高校生くらい。

スタバ→間違いなくおしゃれな大人。高級なホテルのバーラウンジで一杯飲んじゃうような大人。(そんな片寄った大人は嫌やん)

タリーズもスタバのようなおしゃれ番長にはなれない。

スタバ最強伝説や…。

コーヒー界のHigh&Law。(ドラマも映画観てへんから、ストーリー全然知らへんけど)

毎日スタバのパトロールして、毎日ブログにあげてる人は「他にやることなくて、よっぽど暇なんやな…」って思いますが(笑)

しまむらトロールや育児ブログを見るの結構好きなんですがね。

や、個人の好みやし、別にいいねん。

お金あるなら、スタバでじゃんじゃんお金使って日本経済を潤わせて欲しい。

ただ、プリンカップの桜柄の種類の報告はいらへん。

報告するにしても、普通の報告はいらへん。

あのプリンカップ集めて何をするねん。

並べて積み木でもするの?

(集めている人がいらっしゃいましたら、すみません…)

流行りのDIY

写真撮りが上手いだけで、実際みるとなかなか結構な具合に貧乏臭く見えるのを、魔女は知っている。

100均DIYも非常に危険な事を、魔女は知っている。

友達の家がそれだもん(  ̄- ̄)

「写真とちがーぅ!!」ってなるし、3coinsとかで木の雑貨を見ると、「写真と違って貧乏くさい…」「木が安っぽくて、ヤスリかけて色塗ってもこれは無理やろ」ってのが、ゴロゴロあるねん。

というか、あのザリザリしたのに直にご飯盛るの、ホンマにやめて(木のプレート)

ヤスリかけてペンキ塗っても、ペンキの上に置かれたパンは食べたくない…。

シンプルなのを求めるなら、もう無印で良くない?ってなるんです。

もうあれは、ホンマに天性のセンスやと思う。

下手に真似したら、貧乏一直線やねん。

DIYが趣味ならいいんやけども。

新築の家のキッチン、100均DIYでどんどん貧乏臭くなるのは旦那さんもかなりツラそうやから、そろそろ止めなあかんのやろか…。

育児ノイローゼ気味の友達女子の唯一の楽しみ、奪ったらあかんやろか…。

難しいわ。

 

 

 

 

 

花粉症デビューしてからも、頑なに拒否をしていたマスクデビューしました。

実際デビューしたのはもう少し前。

インフルエンザが猛威を奮っていた頃。

なぜマスクを頑なに拒否していたのか。

 

 

化粧がマスクで落ちるから、化粧直しが面倒臭い。

 

 

マスクを一日中していてもいいのならしますが、それはちょっと…なお仕事。

鼻とね、口がね、落ちるの。

あと目の下側辺りも。

メイクが落ちにくい使い捨てマスクでもやっぱり落ちるの。

で、サイズの問題かな?と。

普通サイズだと、魔女は顔面の半分が完全におおわれてしまう。

ずれてきて目の下の方にマスクのはしが突き刺さるくらいに、マスクがくる。(鼻が低いからやろ…)

顎も頬もマスクに完全にすっぽりおおわれて、明らかに変。

喉の辺りまでマスクが被さり込むってマスクが大きいからやろ、多分。

これにサングラスかけて目出し帽被ったら、完全な変質者。(目出し帽を被った時点で通報されるし、目出し帽にサングラスもマスクもいらへんやろ)

小さめにしたらなんか隙間が…というか、普通サイズですっぽりおおわれていた部分がむき出し。

どっちが正しいの状態なのか、よくわからない。

人様のやったらわかるんやけどなぁ。

自分のはわからへん。

小さいのって、小顔の人用でしょ?

魔女、小顔ではないもの。

普通。

大顔でもない…多分(余り自信はない)

でも、普通サイズが明らかに変やから小さいのでいいんやろか…。

これ、インフルエンザが猛威を奮っていた頃に、新幹線に乗る前にコンビニでかなり悩んだんです。

インフルエンザも怖いが、胃腸炎が怖くて。

魔女はインフルエンザはもらわないが、胃腸炎は漏れなくいただいてきてしまうねん。

「胃腸の弱い藤木君」と呼ばれたくらいに胃腸炎を必ずいただく。

「こいつ、小顔でもないくせに小さめのマスク買ってやがる!(大爆笑)」って、レジの人に内心笑われるのではなかろうかと(被害妄想)

大顔に小顔のマスクしたら、それこそ面積的におかしいですやん。

「わたくし、大顔、大顔広子(おおがおひろこ)、大きい顔に、顔が広いに子供の子で大顔広子でございます!!!」って頼んでもないのに、選挙カーみたいに大声で宣言してまわるのと同じやん。

結局悩みに悩んで「小顔に見えるマスク」買いました。

このマスクしてるときに「顔、ちっさ!!」言われたんでホンマに小顔に見える…んやろうけど、大顔につけたら全然意味無いな!(大顔というか、エラ張り気味な男子で試した)

魔女の彼は小顔男子。チッ( ;`Д´)

眼鏡でさらに顔が小顔に見えるという。

くそぅ。その小顔、魔女に譲れ…チッ( ;`Д´)

 

 

結論。

 

 

マスク女子は薄いピンクのマスクがいいよ!

(色やなくてサイズは??)

 

薄いピンクやと顔色がよく見える。

白はね、妙に顔色が悪い。

薄いブルーは、ホンマに血の気が無い人に見える。

肝心なのは色よ、色。

柄は…これは好みでしょうな。

マスク一枚で世界は変わる…。

ちなみに、「小顔に見えるマスク」に大きいサイズはありませんでした(コンビニやから?)

まぁ、小顔に見えるマスクに大顔さん用があったらいろいろ問題よね。

マスクの面積広くなるんやから、小顔に見えなくなるもの。

マスクを人前では一秒たりとも外せない女子が増えている理由はこれか…。

マスクしてるとね、お粉軽くはたいて眉毛だけ描けば外出が出来るの。

そのうち、素っぴんにマスクでも大丈夫になってしまう。

だって顔の約半分が見えないんだもの。

ざわちんさんのモノマネメイクがなぜ口許を隠しているのか意味がわかりました。

これは隠すわ。

頬から顎にかけての輪郭を変えるのは、いくらモノマネとはいえ無理やもの。

マスク一枚のサイズでウンウン悩んだ魔女は思いました。

スキンを買うときの殿方も同じ気持ちではなかろうか…と。

女子はマスクを買うときは、小さめを買いたいよね。

サイズの小さい服を買いたい心理と同じと思われる。

小さい=細い。

 

男子のスキン。

大きい=アソコがデカイ(笑)

デカイだけのふにゃちんは、日本人女子的にはノーサンキューらしい(デカイだけのふにゃちんとお手合わせしたこと無いし、どんだけふにゃふにゃなのか知らんからなんとも言えん)

 

 

スキンって、サイズ表記を変えてから小さいのも売れるようになったんやで(出た!どうでもいい豆知識)

んで、女子が買うときもサイズがわからなくても「自分のパートナーのあれはそこそこデカイやろ」ってMかLをチョイスするらしい。

(ホンマにどうでもいい情報やな)

 

 

サイズはいろいろ難しいよね。

ちなみに。

魔女は超立体マスクは苦手。

あれ、普通やとブカブカやし、小さめやとぴったり過ぎて痛い。

あんなに有余がないマスク、一日中つけてたら顔に変な跡がつきますやん。

あとノーズパット。

あれ、かなり重要やな。

魔女は普段から眼鏡はかけない。

コンタクトもしない。

…が、目が悪いので眼鏡は一応持っている。

裸眼で夜に車を運転したら、洒落にならないくらい何にも見えなかった…。

信号機も車線も全部滲んで見えて、わからへんねん。眉間に皺寄せて目を細めて見てもわからん。

事故らずに帰れたの、奇跡。

田舎の一本道、万歳。

 

で、ノーズパットが無いマスクで眼鏡かけたら、一瞬で全部曇るね!!(笑)

びっくりしたわ。

あ、一応まだ老眼ではありません(笑)

16歳の時に眼科で「君は老眼になるの早いと思う」と恐怖の宣告をされているので、老眼なのか、ただ単に視力が落ちているのか、はたまた両方なのか判断がつかない。

コンタクトは、怖くて出来ない。

目に異物を入れるなんか無理。

ソフトでも無理。

だから、お洒落でカラコンを入れる女子はすげぇ…と尊敬すらする。

キティちゃん柄のカラコンは無いけどな。

黒目がキティちゃん柄て。

目を見たら目の中にサンリオキャラクターって。

びっくりするわ。

 

マスクにもいろいろあるんやねー。

というか、マスク高いよね。

安いわ!って飛び付いたら、安定の中国産。

そっと売り場に戻した。

もうあれしかないのかな。

顔面にスプレーする見えないマスク。

 

 

花粉完全回避情報、求む。

ゾーミックって、緑の血が流れているめっちゃ強そうな人体改造された変身ヒーローみたいな名前だよね。

皆様、こんばんは。

魔女です。

アクセス解析のカウンター、なんか凄い数字になってるんですが。

今日はなんや、盛大な祭りでもありましたかのう??(BGMは北島三郎さんの「祭り」)

魔女の正体をバラそう…というか、職種とか、もう少しだけ具体的な情報開示をしようと思っていた矢先なので、恐ろしくなってやめた…(どなた様も魔女の正体なんぞ知りたいとも思ってないから安心しなさい)

まぁ、BBAなのだけは確かや( ・`д・´)キリッ

 

 

いつぞやの「微笑みの爆弾」記事にお星様を下さった素敵な方、ありがとうございます( *´艸`)

胃の具合は、かなり落ち着きました。

その分、花粉がね!!(笑)

もう、3月のくせにあまりに寒くて花粉がつきにくい薄手のコートは着れずに(おしゃれにスプリングコートとか言えんのか)、いまだにウールのダッフルコートで押し通すこの矛盾。

病院内は結構快適なんですがね。

気分転換で病院の外に散歩に出たら寒いし、

恐ろしいくらいになんにもないし、花粉症の症状がね…。

ハッ!そうやわ!!(゜ロ゜)

ちょっと聞いてよ!皆様!!

魔女、ヘルペスまで出てん(笑)

泣きたくなるよね、ヘルペス(`;ω;´)

口唇ヘルペスちゃうねん。

あぁ!!もうこれ以上は言えない!!

どこにヘルペス出たかなんか言えない!!

わかる人にはわかる「あなたが私にくれたもの」なのよね。

痛いのなんのって。

同じ病室のおばあちゃんも言ってた。

「死んだ主人が私にくれたものは、ヘルペスくらいよ」

 

 

オーマイガッ!!ヾ(;゚;Д;゚;)ノ゙

 

 

ヘルペスって他人事やと思ってたら、まさかのね。

もう、なんというか…早くヘルペス枯れて欲しい。

とにかく痛いの。

パンツしっかりピシッとはかれへん(どの辺りにヘルペスあるのかバレバレですやん)

 

 

 

 

 

偏頭痛というのは、頭痛にご縁のない人には全くもって理解されない痛みだと思う。

軽いときは市販のイヴで大丈夫。

ちょっとヤバくなってきたらロキソニン

いよいよダメになってきたらボルタレン

ボルタレンでもダメなら、魔女の場合はゾーミック。(ボルタレンの時点でかなりアウト。ボルタレンって、飲み薬はヘルニアの人とか、リュウマチとか、痛風とか、それはそれはめっちゃ痛い人に出すヤツらしい。頭が痛いならこれを1日3回飲めとヤブ医者に束で処方されて、心療内科でそれを言ったらびっくりされたわ。看護師のお友達も話したらびっくりしてた)

この、ゾーミック。

なんか特撮ヒーローの悪役みたいな名前のお薬。

たまたま魔女は効きましたが、合わない人もやっぱりいるらしい。

そして、恐ろしく高い。

心療内科で処方されているからとかは、多分関係ない。

震えるくらい高い。

金額、覚えてないけど。

高すぎて、3錠だけ頓服薬として出してくれた。

しかも飲むタイミングが悪かったら効き目半減な、デリケートな憎いやつ。

パッケージ(?)も、なんだか高級感溢れている。

プチプチ薬を出すシートではなく、シートはシートなんやけど1錠を大切に守るパッケージ(全然伝わらへんな)

水なしでも飲めるラムネみたいなお薬。

あ、ガスターの溶解錠みたいな感じというたらわかりやすいんかな?

魔女は典型的な偏頭痛の持ち主だ。

天気予報よりも、雨を察知するのは早い。

魔女が頭痛で無言になって唸りだしたら、必ず雨が降る。(干ばつの場所へ雨乞いに行けよ)

台風のときはもう出勤だけして動かない。

というか、動けない。

社会人でも暴風警報なら、会社を休みにして欲しいよね…。

台風の日は、動いてもご老人よりもスローモーション。

そして、眉間にシワを寄せて目が虚ろ。

頭割れそうなくらいに痛い。

 

パッカーン、なりますよ。

 

入院騒動の少し前から頭痛がちょっと酷かったんやけど。

今日はもう痛さのあまり朝、起き上がれなかったくらいに酷かったのでゾーミックを飲んでもいいか聞いてみる。

聞いてみるというより、飲ませてくださいともう懇願した。

 

飲ませてください もう少し~ 今夜は帰らない返したくない~♪

 

…今は痛みがやわらいだからこんなおふざけな事を書けますが、唄う余裕なんかない(笑)

カーテン開けられたら、光が痛くて目が開けれない。

音が頭に突き刺さる。

話し声も無理。

ゾーミック飲んで、耳栓して、ブランケットを顔に被せて光を完全に遮断して、寝る。

ゾーミックが効いてくるのがわかるのと同時に、吐き気。

指先の震えと冷えがわかる。

あー、ヤバイ。ヤバイ。

血圧下がりすぎやん。

なんかグルグルしてきたで。

目を閉じているのに目が回る。

これ、あかんやつや。

どうしよう、めっちゃあかんやつや。

 

 

 

どうしよ…

グー(熟睡15分くらい)

 

 

カバッ!!!(突然起き上がる)

 

 

 

清々しい爽やかな朝ね!!o(^o^)o

ちょっと曇り空だけど☆

 

 

ゾーミック、すげぇ。

 

 

今はまたちょっと痛くなってるから、またゾーミックのお世話になるのかもしれない。

 

 

ゾーミック。

めっちゃ強そう。

ラスボスの側近って感じ。

 

そして、魔女の胃痛の原因は鎮痛剤ではないかという…めっちゃ基本的なところに戻る。

でも胃は全然荒れてなかったしなぁ。

「胃薬なしでボルタレン飲んで、この綺麗な胃はすごい」って言われたよね。

……内科をヤブから今の病院に変えるまで、鎮痛剤オンリーの処方で胃薬のいの字も出なかった。

病院変えてから、ヤブ医者は潰れました。

このヤブ医者に、魔女は薬漬けにされていたからね!!!

もうさー、てんこ盛りよ、うつ病のお薬。

調子悪いとどんどん薬を増やすねん。

最終的には一回に飲むお薬、子供の小さいお茶碗に軽くいっぱいくらいの量になっていた。

どこのお年寄りよ…ってくらいに。

今思えば、その頃は睡眠薬だけでも六種類くらい飲んでた。

そんなに種類いらへんやん。

調剤薬局、どうなっとるねん。

精神科勤務経験のある看護師の友達に「絶対おかしい。今すぐに病院変えなさい」言われたよね。

今の心療内科に変えてから、ドクターの判断で「無駄な薬はいらない!」で一気に断薬したからキツかったぜ…。

 

 

ゾーミック様のお怒りだよ…。

((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

血の色、絶対に緑やろ。

正義のヒーローになるはずの人体改造が、悪にさらわれて悪の側近やねん。

ラスボスは…ヘルペス様?(笑)

顔面、ボコボコ水泡があるねん。

 

もう痛いの嫌やー!(`;ω;´)

アンネの行方。

皆様、こんにちは。

魔女です。

 

早々と入院生活に飽きてきました。

おじいちゃんとおばあちゃんに餌付けされるのも、飽きてきた(笑)

もう動物園の猿か象になれそうなくらいに、バナナとリンゴ食べましたわ。

餌付けでいただいたお菓子や果物、仏壇のお供え物のように山になってるわ。

「苺が食べたい」なんて言おうものなら、練乳と一緒にホンマに買ってきそうやから言えへんねん。

 

 

 

 

 

なーんか調子悪いし、お腹痛いし、頭痛いし、手足が冷えるしなんやろなぁ…って思っていたら月のものが来ました。

あぁ、そういえばそんな時期やね。

(皆さんにお知らせしなくていい情報やん)

当然ながら、入院中なので生理用品なんか持ってない。

「売店にあるんかなぁ。あっても種類ないやろし高そうやな…。オカンが来るときに買ってきてもらおうかしら…」と考えながらお財布をゴソゴソ探していたら、お向かいのベッドのおばあちゃんに「どうしたの?」と。

「生理来てもうたの~。生理用品を買いに売店に…」まで言うたら

「アンネ!?アンネなら持ってるからあげるわ!!」

 

 

アンネ。

 

うん。アンネ。

昔はナプキンやなくて、「アンネ」なんよね。

アンネを使うのは、ちょっとしたステータスになる時代やったそうな。

 

つか、おばあちゃんがアンネ?

 

もうとっくの昔に干上がって…いやいや、まさか現役?

78歳で?

そんなまさか!(笑)

 

 

「お金出さんでも、これあげるから使いなさい。はい、アンネ」

 

 

手渡されたの…

 

 

ピンクのパッケージの尿漏れパット。

 

そう。

 

尿漏れ用。

ポイズ尿ケアパット 170cc 

お徳用24枚入り。

 

 

きーたー(笑)

170か…かなり部厚いな…。

つか袋、デカっ(笑)

24枚しか入ってへんのに、この袋のデカさはなんやの。

未使用品なのに、ずっしりとかなり重たい。

ポテトチップスの袋よりデカイんちゃうの?

もう大至急で一枚は欲しいから、一枚だけ有り難く使わせていただいたけども。

 

うん。

部厚すぎてアソコがモサモサするね!

魔女は普段から夜用のナプキンはいらないくらいに量が少ない人なので、余計にモサモサが気になる。

出血は少ないくせに、いっちょまえに貧血にはなるというこの矛盾。

少ないなりに、血が足りないのだろう。

 

尿より経血はドロッとしてるから…尿漏れパットでも多分漏れはしないやろうけど、なんか不安やわ…。

 

殿方には未知の世界でわからんやろうけども、生理用品より尿漏れパットはかなりお値段が高い。

ライナーやなくて、パットやしな。

ライナーはもうほんのちょっぴりしか受け止めれない。

くしゃみした拍子にちょっびっとだけ出るとか、そんなレベル。

パットはかなり本格的だ。

消臭やら、さらさらの水分を受け止め逆戻りせず、しかも漏らさず、蒸れない技術があの小さなパットに詰め込まれているのだ。

生理用品みたいに、トイレでつけるときにカサカサ音がしない工夫までされている。(ポイズパットだけかもしれない。袋にわざわざ書いてあるんやもの)

介護用のパンツはガチンコ過ぎて嫌やけども、トイレに間に合わないとかで使う人も多い。

出産経験のある若い女子も薄いやつ、使いますよね。

女子はいろいろ大変なのだ。

男子よりこういう出費、かさむよね…。

 

78歳の女子もその一人だ。

「トイレ!」って思っても、行く途中に漏れるらしい。

そんな大事なパット、一袋気前よく渡されても全部貰えるわけないやん!!

これ、医療費控除の対象品やん。

というか、魔女のは尿漏れちゃうし(笑)

 

はー。

尿漏れパットって、あんな感じなんや…。

(使い心地)

あの分厚さで、170cc?

170って、カップ一杯分より少ないで?

本気で全部出したら多分やけど、完全に漏れるがな(何が)

300ccのとか、どんだけ分厚くなるねん。

赤ちゃんのおむつや、介護用の紙パンツの技術の素晴らしさを痛感する。

すごいわ。

あんなに薄くておしっこ4回分とか神がかってるやん。

紙パンツはうんこも受け止めるしな。

もう全部、下から出るものはなんもかんも受け止めて紙パンツは大変やな…。

 

 

ちょっとだけ違う世界を覗いた気分やね。

 

 

 

 

(゜ロ゜)!

そういえば、今日はホワイトデーですやん!

殿方よ、お返しの準備は万端ですかな?

なんやかんや言うても、本命の人以外は一応それっぽいお菓子かなんか渡しとけばいいのよ。

義理チョコのお返しを過剰に期待している厚かましい女は、ネットに書かれている程にはおらへんで。

……多分。

変なハンカチとかより、失せ物のお菓子がいい。

その失せ物のお菓子に、殿方の商品チョイスのセンスが出るのが恐ろしいところではあるが。

魔女はうまい棒で喜ぶので、かなりチョロい奴やと思われている節がある。

うまい棒一本はないやろ。

せめて二本にしろ。(え。二本て…)

コンビニにたまーにある、透明なでっかい袋に大量に入ってるのとかいいな。

ブラックサンダーの箱ごともいいな。

大人買い

段ボール買いされたら痺れちゃうよね(笑)

うまい棒、段ボールって何本入ってるんやろ…。

デパ地下の、なんだかこじゃれたパッケージのコラーゲンが入ってるとか言うグミより、うまい棒の方が美味しいやん。(味覚の問題)

あのグミ、嫌いやねん。(個人の好み)

果汁グミの方が安いし美味しいやんか。

ゴディバ売り場の、愛想というものを母のお腹に全部置き忘れてきたとしか思えないあのババァ、嫌いやねん(ピンポイント過ぎるゴディバ売り場やん。もう二度と行かへん)

大問題やん。

お菓子業界、どうなってるねん。

 

 

チョコレートあげてないのに、おじいちゃんからホワイトデーやからとシュークリームとエクレアもらいました。

ハイカラやな。

どんだけ魔女にお菓子食わせるつもりやねん…。

首から下の肉を見てほしい。

顔の頬肉が全然つかへんだけで、首から下はブクブク太ってるのに!

魔女を肥え太らせるキャンペーンをしてるとしか思えない。

美味しくいただいたけどね!(結局、食べたんか)

明日はワッフルが食べたいです。(笑)

冷やし中華は始めてませんが、入院生活始めました。

皆様、こんにちは。

魔女です。

只今、絶賛入院中!!!щ(゜▽゜щ)

 

想像妊娠の現実化ではないよ!(笑)

いろんなものが一度にまとめてアタックしてきて、軽~く死にかけたよね(  ̄- ̄)

喘息こじらせて肺炎のお花畑にスキップしながら踏み込んだ上に食べ物アレルギーの酷い版で、呼吸器まで腫れて息が出来なくなるというね。

白目剥いてまうわ。

救急車来たよね。

久々に食べ物アレルギー、来ましたな。

体調悪くないし大丈夫やと思ったんですが、全然大丈夫やなかったみたい。

オカンが発見しなかったら、うっかりそのままあの世に旅立つところでしたわ。

あっはっは!(((*≧艸≦)ププッ

 

 

 

 

 

入院生活というのは、非常に規則正しい。

容赦なく夜は電気消えるし。

超がつく夜型の夜行性魔女としては、ちょっとツラい。

魔女は、大部屋のなんと窓側という…ポカポカ陽気に昼寝し放題なベッドにいる。

顔の半分だけ日焼けしているような気がするのは、多分気のせい。

この部屋では魔女が最年少だ。

BBAのくせに、だ。

人生の大先輩にあたる、おじいちゃんとおばあちゃんしかおらへんねん。

もう、お孫のような扱い。

いらへん言うてるのに、ミカンやらバナナやら、しまいには豆大福とか羊羮とかまで出てくるねん。

どこに隠してるの?ってくらいにあるねん。

部屋全体で、魔女を肥え太らせる作戦会議をしているとしか思えないくらいに次から次から食べ物出てくるねん。

連係プレーよ。

リンゴをわざわざ剥いてくれたから、しゃりしゃり食べて「はー…」ってなったら、次が来るねん。

リンゴくれた人とは別の人。

お煎餅。

えー?お腹いっぱいよ?とか言いながらパリパリ食べたら、次が来るねん。

バナナ。

もう無理~ってモグモグしたら、ハッピーターン出てくるねん。

 

 

 

ここはお正月か何かなのかい?

 

 

 

魔女も貰うばっかりはあかんやろ…って物々交換を提案してみるが、まぁ見事に却下されるよね。

 

却下するお菓子の上に、自分が渡したいものを重ねて返却してくる巧みの技。

まぁ~…なんということでしょう…!!(家をリフォームする番組のナレーション風)

半沢直樹も真っ青な、倍返し以上のものが返ってくる。

 

 

 

しばらく魔女はおとなしくします~。

 

黙祷を捧げます

皆様、こんにちは。

魔女です。

 

 

 

2011年3月11日 

午後2時46分

 

6年前の今日、あの恐ろしい地震が東北を襲いました。

 

 

あの地震を体験した子供が描いた絵を見たことがあります。

一見、楽しそうなカラフルなお魚が海で泳いでいる絵。

よく見ると、人や家、車、お花や遊園地…海の中には無いはずのものがたくさん描かれていました。

上手く言葉に出来ない子供たちの、恐怖の悲鳴なのかな…と、泣いた事があります。

 

 

自分に何が出来るのだろう?

 

 

今、自分が生きること。

生きていくこと。

命があること。

 

毎日を大切に、「今」、「この瞬間」、があることを当たり前に思わず、大切に丁寧に過ごさねばなりませんね。